その他

肉食中心になると何故悪いのか?



もともと人間は、雑食性です。その食事はかなり範囲が広いです。

インド人のような菜食主義者から、エスキモーやマサイ族の戦士のような

完全な肉食主義者もいます。エスキモーのような過酷な環境で、生活していくには、成人で5000カロリー以上の高いエネルギーが必要です。

肉食が北極圏では、かえって適しているのでしょう

そのような環境で生存可能というのは、肉食が適しているのでしょう。

だから、全てにおいて肉食を否定することは、できないでしょう。

でも一方では、肉食する事によって多少の栄養のバランスが、崩れる

でしょう。

動物性のたんぱく質、脂質の摂取が増えるのです。

逆に、植物性食品に沢山含まれている食物繊維とか微量栄養素が足りなくなります。

沢山たんぱく質をとりすぎると、余分なアミノ酸の処理や、窒素の排泄処理に肝臓や腎臓が動員されてきます。

長い間このような状態を、続けることは、あまり良くない事です。

高タンパク質のとりすぎで、尿にカルシウムの出る量が増えて、
尿路結石を、生じることもあります。

高脂質のとりすぎは、エネルギーのとり過ぎに繋がってくる事を、
警戒されますが、体温維持に沢山エネルギーが、使われている極寒の
地域は、問題はあまりないようです。

逆に、温暖な地域では肥満、糖尿病などの生活習慣病の原因になります。

脂質の種類により代謝性の疾患が生じる場合もあります。

飽和脂肪酸の多い蓄肉のとり過ぎは、高脂血症、動脈硬化性疾患など
がおきます。

海獣肉や魚肉には、イコサぺンタエン酸やドコサヘキサエン酸などの
脂肪が多く含まれている。

多くとりすぎると動脈硬化性疾患は、予防できるが、逆に脳出血も増えています。

レバーなどは、ビタミンやミネラルの宝庫です。

アレルゲンになりにくい特徴をもっています。

エスキモーは、海獣、トナカイの消化管内に残っている植物性の未消化物
を摂取します。

完全な肉食では、ないということになります。

食物繊維や微量栄養素が含まれている為、栄養バランスがとれるのでしょう。

偏らずにバランスの良い食事をするように日ごろから心がけましょう。

やっぱりお肉は、おいしいから止められません・・・。





--------------------------------------------------------------------------------


その他

油断大敵!プール熱



プール熱とは 何か?

プール熱とはどのような病気だと思いますか?

抵抗力の少ない子供に感染しやすいです。

アデノウイルスが感染源です。非常に強い感染力を持っています。

胃腸炎や膀胱炎の原因になります。

接触やくしゃみで感染し、5日から7日の潜伏期間があります。

その期間を過ぎると突然40度前後の高い熱がでます。

このねつは、2,3日続きます。それから咽頭炎と結膜炎の症状が
でます。

物が、飲み込めないぐらい喉が、真っ赤に腫れ、激しい痛みに襲われる。

涙、目ヤ二が、止まらなくなるなどの症状が出る結膜炎になる。

悪化してくると、頭痛や嘔吐、腹痛や下痢をおこします。

まえにアデノウイルスで幼児が、高熱により肺炎をおこして、死んで
しまいました。


普通のかぜとの違いは解りますか?

風邪は、せきがでて、鼻水がで、熱のでる。

プール熱の場合は、突然高熱がでてきます。

感染源は、プール以外にもあります。

主な感染源は、塩素が、薄く汚れが目立つプールです。

二次感染でお風呂、タオルを一緒に使っている。

ウイルスは、口、鼻、喉、目の結膜から進入してきて感染します。

目ヤ二やくしゃみでもうつります。

完治しても、1ヶ月はウイルスが便からでて感染します。




プール熱の予防対策は解りますか?


 予防の対策

  (1)水泳した後は念入りにシャワーと洗眼をする事
  (2)タオル等は必ず同じものを使わない。
  (3)うがいを必ずすること、排便後の手洗いも必ず行う事

子どもがプール熱にかかってしまった場合は?

アデノウイルスに直接効く薬ないようです。

二次感染予防が大切です。

二次感染予防するには・・・

(1)水分補給 は大事です。

高熱の時は汗をかくので脱水症状になりやすくなる。

スポーツドリンクは水分と栄養を吸収するのを、たかめるので良い。

(2)喉ごしの良い食べ物を食べるましょう。

喉が腫れて痛みを伴う。固いものが食べれない、食欲がない、このようなときはヨーグルト、プリンなどを食べさせるといいでしょう。

これからはやりますから気をつけてあげてください。

その他

肥満を予防する食生活(ダイエット食品)



ダイエット食品の注意点についてあげてもます。

まず、 必要性についてよく考えてみてください。

肥満のために食事制限をするときは、どの位のエネルギーにするのかを、

決めて、どの食品を減らせばよいのか?

なんでも少なくとればいいのでは、ないのです。

必要に応じ、ダイエット食品を普通の食事とうまく組み合わせて、エネルギーだけを少なくする事です。

極端な減量は問題があります。

新聞、週刊誌などの広告記事に、「週3kg、10日で5kg減量」といった大変

魅力的なキャッチフレーズを目にする事があります。

このようなことは、よほど断食に近い食事をしているか、ダイエット食品ばかり食べる食生活をしないと無理でしょう。

もしそうした無理な食生活で一時的に体重が減っっていても、長期間続けれることは、健康を害します。

ダイエット食品には危害例があります。

ダイエット食品をためしてみた方から、不満の声がいくつか国民生活センターに寄せられているのも事実です。

健康食品に対する相談がけっこうありました。

さらに、その中から「やせる」「ダイエット…」をうたい文句にしている、いわゆる“ダイエット食品”に関する相談が多かったようです。

その中にはやせられるとの宣伝、広告を見て飲んだりしたが下痢をした、湿疹ができた、やせないといったものもありました。


内容表示のあるものを選んでいきましょう。

市販されているダイエット食品で、目的によってどの種類のダイエット食品を選ぶかを決めることが大切になってきます。

エネルギーだけを減らすならば砂糖に代わる甘味料や脂肪をおさえた食品です。

たんぱく質の補給が必要ならばプロテインを、選びます。

内容をよく見て自分に合ったダイエット食品を選ぶことが、ポイントに
なります。

表示に注意事項が書いていたら、それを守ることも重要です。


ダイエット食品を選ぶ場合は、まず医師や栄養士または、薬剤師といった
資格をもたれたかたに相談し、指導のもとで行ってください。

その他

ダイエット食品(脂肪をおさえた食品)


脂肪をおさえた食品について考えてみましょう。

脂肪量を少なくした食品で、牛乳の代わりに脱脂乳や脱脂粉乳を加えたミル

クやヨーグルト、または水で希釈したマーガリン、マヨネーズ、ドレッシン
グなどがあります。

 これらの加工食品の栄養成分を考えると、ミルクやヨーグルトの場合は、たしかに脂肪量は減っています。

その代わりにたんぱく質や糖質の量が、ふえています。

全体のエネルギーは1割ぐらいしか減っていないにです。

 また、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシングなどは、エネルギー量は40

〜50%に減少していますが、脂肪が減った分だけ水分含有量が多くなってい

るのです。



 大豆加工食品について

 太り過ぎた体重を減らすため、食事量を極端に減らします。

そうするとエネルギーだけでなくたんぱく質の摂取量も減少してきます。

それを補給する考え方で、粉末または顆粒状のプロテイン(たんぱく質を多く含む大豆加工食品)を使用することがある。

プロテインを水や牛乳に溶かして飲むと、たんぱく質が摂取できると同時に

胃の中で膨張て、少量でも満腹感が得られます。

しかし、食事としてのおいしくないのが欠点です。

 プロテインの成分を、きな粉と比較して見ると、たんぱく質は、

2倍以上含んでいるが、糖質は約70%、脂質は約90%、エネルギーは約15%減っています。



肥満予防のための食生活のもとになるもの・・・


 肥満とは、消費するエネルギーより摂取するエネルギーのほうが大きいために起こります。

摂取エネルギーを減らすには、まず穀類の摂取量を減らしましょう。

しかし穀類を減らすと、それにともなってたんぱく質やビタミン、ミネラルの摂取も減少してきます。

やはり1つの食品だけを目の敵にしないで、全体的に栄養のバランスを考えに入れておくといいでしょう。

どの栄養素も足りなくならないように、総量としてのエネルギーを減らすような食事がもっとも理想的です。

 また、肥満予防には、食事をコントロールするだけではなく、からだを動かして摂取したエネルギーを消費することがもっとも重要です。


ダイエット食品を使用する場合の注意点について・・・

は次回の記事になります。

その他

ダイエット食品を考えてみよう。


 
今日は、ダイエット食品を考えてみましょう。
 



ダイエット食品とについて・・・

ダイエット(daiet)というものは、日常の飲食物という意味をもっています。

食事療法という意味もある。それが、もとで『痩せる食事』または、『美容食』という意味で使われることになりました。



どのような食品が市販されているのかあげていきます。


@砂糖に代わる甘味料は・・・
 


さとうは、一番肥満の大敵です。コーヒーや紅茶へいれる砂糖を最近控えるかたがいます。

砂糖にに代わる甘味料を使われる方が増加してきています。


 ダイエット食品として砂糖に代用できる甘味料は、甘味があり、エネルギーの少ないものが、人気があります。
 
甘味料の種類に、マルチトール、ソルビトール、サッカリン、ステビア、
ソーマチンアスパルテームなどがあります。


 商品の種類について・・・

マルチトールを用いるものがが多いです。

液体や粉末の状態で売られています。

清涼飲料水、果汁飲料、ジャム、ビスケット、飴玉などに添加されています。

 また、マルチトールは消化吸収されにくいので、多くとると下痢をすることもあります。気をつけてください。


 食物繊維を加えた食品について・・・

 食物繊維は、木材、さとうきび、りんご、とうもろこし、ふすま、こんにゃく芋、海藻などを原料にします。

 粉末や粒状の形で、売っている場合に、食物繊維を、直接水といっしょに飲むのが一般的です。

調理用としても使われているものもあります。

 加工食品として、市販されているものでパンやビスケット、中には即席ラーメンのように麺状にして食べるものもあります。

これらをエネルギーの面からみて見ると、加えた繊維量が多くなるほど、エネルギーは減少することになります。



 脂肪をおさえた食品について・・・

これについては、次回の記事になります。

その他

ダイエットと運動習慣



運動習慣みにつけるには・・・

減量する場合に肝心なことは『何が減るか』ということが、一番肝心な事

だと思います。食事を、制限することで減量を、していくと体脂肪が減る

ということだけでなく、筋肉も減ってしまいます。

そううすると体力がどんどん低下していき健康上とても悪い結果になります。

食事と運動をバランスよく組み合わせると、体脂肪だけが減り、健康的に

痩せられます。

体力増強し、抵抗力も養いながら、健康体重を維持していくためには、

食習慣を改善し、運動習慣を身につけていくことがポイントになります。

日常の活動量が比較的に少ないと思われている人は、最低200〜300

キロカロリーを消費できる運動量が必要になってきます。

これは、ダイエットをされていない方の場合です。

減量することを目的にしていく場合300カロリー以上の運動量が必要に

なってきます。

300キロカロリーというと、一万歩歩いたときの消費すエネルギーに匹敵

するといわれています。運動習慣をむりなくつずけていくには、一日に

一万歩を、歩く事は、減量の第一歩になるでしょう。

太っている人方は、自分の体重を支えていくうえで、腰、膝などに負担

をかけてしまっている。

水中ウォーキングを、ためしてください。

水中なら、負担を軽減できます。水の抵抗力を利用するといいです。

最近ちょうとお腹が・・・という方は、早々に始められてはいかがですか?

始めるチャンスですよ!


その他

食習慣の大切さ


今日は、食習慣改善のポイントについてお話します。

ダイエットの基本の一番のキーワードは、食習慣の改善することにあります

漠然と『食べない』ようにするというだけでは、駄目のようです。

今から食習慣の改善のポイントを紹介してみましょう。

@買い物ときの注意!

買い置きをしない。食べ過ぎになります。買うのもを前もってリスト

アップする事。

A

お腹がすいているときの買い物は、あれもこれも食べたく余分なものまで

買うことになるのでできるだけ、満腹の時に買い物をするようにする。

Bインスタント食品やレトルト食品など、いつでも食べれそうなものは、

できるだけさけ、調理するのに時間がかかる材料を選ぶようにすればいい。

何か食べたいなぁと思ったときには、こんにゃくとか、ところてんなどの

低カロリー、低エネルギーの食品を買っておくといいでしょう。

食べ方の説明します。

@大きなお皿に盛らない。一人分ずつ小さい皿に分けて盛りつけるよう心

がけます。

Aテレビをみながら長い時間食べない。食事するときは、『テーブル』で

する。それ以外では食事をしないようにする。

一日に3食を決められた時間に20分以上かけるようにする。

B一口に20回以上噛む。

食後について

@食事が終わったらテーブルを離れ、食卓を、綺麗にする。

A直ぐに歯磨きをする。何か食べたいなぁと思っても『やめとこ』

という気持ちになるようにする。

運動する習慣を、つけましょう。

これについては、次の記事に載せます。


 

その他

ダイエットのノウハウ



今回はダイエットについて

一番働き盛りなのは、30〜50歳です。仕事にしても、家庭においても

一番脂がのるときです。

ばりばりがんばれる年代です。ですが、『脂が乗る』のは、仕事や家庭

だけでは、ないのですよ。

体にも脂がつきだすのもこの時期です。これを中年太りといいます。

『要注意』です。

各種成人病とのかかわりがあります。

働き盛りの年代にこそ健康的なダイエットが必要でしょう。



健康な体重のチェック方法



BMI=体重÷[身長(m)×身長(m)]
標準体重=身長(m)×身長(m)×22
肥満度=[(実測体重−標準体重)/標準体重]×100

肥満度を計算して、プラスマイナス10%以内であれば、標準体重です。

この数値が体脂肪ということになります。

これは、脂肪組織の割合の数値です。この脂肪組織が過剰に蓄積されて

いる状態『かくれ肥満』を洗い出すことができます。

体脂肪率の正常はには、男性(15〜20%)、女性(20〜25%)

これを超えると『肥満』になります。

中年以降は基礎代謝が低下してきます。そのうえ運動量も減り食べすぎで

ないと思っていても、運動不足のため相対的に、摂取エネルギー過剰になっ

て中年太りの条件をそろわしてしまいます。

働き盛りの年代のかたも健康的なダイエットをこれからは、考えていく

ことも大事でしょう。

長いあいだの、生活習慣をみなおしていき、太りにくい生活習慣を身に付け

ましょう。

いつ、何を、どのくらい、何をしながら、どんな気分で食べたか日記を

つける癖をつけましょう。

毎日体重を測って細かく記録する。

一ヶ月以上つけると、いろいろと問題てんが解ってきます。

食習慣改善のポイントについては次の記事に載せます。

お楽しみに!

その他

生活習慣病とは

前回の記事の生活習慣病の補足。

どこででもよく聞くようになってきた『生活習慣病』は、どのような病気

なのか?

少しお話します。

生活習慣病と成人病の違いは、何か?

成人病とは、成年になったころから出始める病気の事です。

例えば、脳卒中やがん、心臓疾患の『3大成人病』があげられます。

その原因になる糖尿病や高血圧性疾患も含め、成人病と言われています。

昭和30年代ごろから経済的に裕福になり、成人病疾患が増えてきたようで

す。いまでは、小児肥満や、高血圧である『小児成人病』という言葉が、

使われるようになった。

この病気が、加齢による現象でなく、長年の生活習慣が問題になっているの

ではないかと、言われています。

食生活、運動習慣、睡眠、喫煙、飲酒という生活習慣が、不適切であったた

めに、おこったのではないだろうか?

といわれてます。

遺伝という説もあるようです。

正しい生活習慣に戻ることで、このような病気を、ある程度抑制できるよう

ようです。

若いときからの健康管理が、一番重要です。

生活習慣病は、本人が気がつかないまに慢性化して、進行しています。

しかも不可逆性であるから、病気に気がついてあわてて治そうとしても、

中々治せない。

とにかく根気よく治していかないと病気を止めることすら難しい。

可決策として、治療よりも、予防が大事です。

子供のころからの生活習慣を正すことが一番の予防策とされている。

なってからだと遅いですよ! 
 

 







その他

生活習慣病と肥満

肥満といわれた事ありますか?



肥満は今よく耳にする生活習慣病の近道になるかもしれませんよ!

今日は、肥満についてお話です。

体の中に必要以上の脂肪を蓄えている事を、肥満といいます。 

肥満すると、内臓に負担がかかってきます。

色々と体に障害がでてきます。肥満が、生活習慣病の一つです。

さあー今日から気になっている方は、ダイエット作戦を実行しましょう。

まず、きちんとした食事をしましょう。食べすぎは、だめですよ!

そして運動をしましょう。

そして規則正しい生活をしていくことが、大事でしょう。

肥満を放っていくとどうなるか知っていますか? 

血液内の中性脂肪が増えてしまい、脂肪の組織がだんだん肥大してきます。

毛細管床が増えてきます。そうするとどうなるか?

血圧が上がってきます。高血圧の原因になってきます。

その次に動脈硬化おきます。心筋梗塞という心臓疾患になり、脳梗塞、

脳卒中の原因を起こす理由の一つになります。

また食べすぎにより、その結果インスリンの働きに影響を及ぼし、

糖尿病になりやすい体質になります。

胆石になりやすくなります。

免疫が弱り、ウイルスに犯されやすくなります。

尿酸値も上がって痛風になりやすくなります。

肝臓に脂肪が巻く肝臓疾患である脂肪肝になりやすくなる。

関節に負担がかかり、変形して、膝関節や脊椎骨などの骨に痛みがでる。


リンゴ型肥満は生活習慣病になりやすいとされています!

脂肪のたまっているところによって同じ脂肪でも、おなかの周りについてく

る上半身が肥満している男性に特に多い『リンゴ型』と、胴周り、または、

太ももの部分につく下半身肥満でこれは、女性に多く見られます。

これを『洋ナシ型』といいます。最初にあげた『リンゴ型』の方が、生活

習慣病
になりやすいといわれています。

ウエストサイズをヒップサイズで割り、その割った数値が、女性で0.8

以上で、男性は、1.0以上の人がその中に入ります。

さぁーそれでは、『肥満度』のチェクに入ります。


あなたのあてはまる項目が多いほど注意が必要です!
 
食べるとき飲み込むようにあまり噛まずに食べている。

あまり満腹感がなく気がつくとかなりの量を食べている

何かをしながら食べている。(新聞、テレビなどなど)

自分の寝室に入ってまで、食べ物を於いて置く。

食べる時間が決まっていない。

夕食に一食食いする。(朝、昼少ないか、食べない)

お酒を良く飲みにいく(油濃い物をよくあてに食べる)

甘いものをいつも置いてあり、かなり食べる。

よくなんにもせずごろごろしている。暇があれば食べている。


さぁこれからは、ダイエットの方法です!


栄養のバランスに気を付けよう。一日3食かならずとる。

夕食はなるだけ油濃いものはさけて、軽く食べる。睡眠3時間前は食事は
しない。

手がすぐ届くところ、または目に入りやすいところ食べ物は、置かないようにする。(おかしなど)

嫌な事がありやけ食いをしたくなっても、スポーツとか、趣味に打ち込む。

とにかく何回も噛んで食べる。飲み込むような食べ方は、しない。
時間をかけて食べる癖をつける。

飲酒は少し控えてください。案外カロリー高いですから。

一ヶ月中に2〜4キロ目標に減量すればいいでしょう。

体重は、毎日計りましょう。

何を今日は食べたかも付けておいた方がいいでしょう。

あとは、自分一人ではしない事、家族の方の協力が大切です。

お友達とするのもいいでしょう。張り合いが、あっていいでしょう。
がんばろうと励まし合いながらすると効果的です。

運動は、少なくても一日に20分以上する。必ず毎日続けよう。

必ずいっぺんにやりすぎないよう気をつけてください。

逆に体を壊しますよ。 注意。 注意。

それではがんばってください。

私もがんばろう・・・。





 







その他

たばこと健康の関係

今もっとも優先度の高い世界的な健康問題は、やはりたばこと健康

問題です。

世界保健機構(WHO)は、たばこ税を増税することは、貧困層、若年層

のたばこの喫煙を減らすっことの鍵になるとしている。

約4200万人の人々にこの10%の増税が、喫煙をやめる動機を与え

死を予防する。WHO担当者は、世界の人々が、喫煙を止めなければ、

21世紀中には、20世紀におけるたばこによる死亡者の、10倍

にあたる10億人が、たばこによる関連疾患で、死亡するだろう。

たばこの需要を減らすのに、たばこの広告とか販売促進を禁止する。


公共の場所とか職場での喫煙を禁止していれば、1995年には2300

万人の喫煙者が禁煙していれば、死を免れて500万人のたばこの関連疾患

の予防ができたと思う。

たばこを喫煙する者は、たばこを禁煙する者より短命である。

たばこを禁煙する者より喫煙する者のほうが健康にかける費用が大きいです

たばこの関連疾患に対する費用が先進国において年間にかかる費用の

6〜15%に達する。

たばこの提供をへらすことは、効果的ではないです。

法的規制、通商制限を実際に施行できている国はない。

10代の者への販売をやめさせる試みもほとんど失敗しています。

転作計画も失敗におわっているようだ。

何か禁煙者が増える方法はないものだろうか?



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。