犬のしつけ

子犬のトイレのしつけ

最近室内で愛犬といっしょに生活をされている方がとても

多いです。

そんな方の悩みがトイレのしつけ苦労していませんか?

トイレのしつけは、その子のあったペースで慌てないでじっくり

付き合ってあげてください。

生後2,3ヶ月でもう家の子トイレがうまくできないって

心配されてイラつかれている飼い主さんがいられるようです。

子犬の2,3ヶ月というのは、人間の子供にたとえると2,3歳のまだ子供

って思ってください。

まだまだできないからといっていらつかないでください。

できなくて、あたりまえなんだって

思っていいのです。

もっと自分自身にゆとりをもって愛犬に接するようにすると

愛犬のほうも快く学習できるのでは?

とにかく何をするにもあせらずその子のペースで練習してみてはいかがでしょうか?

いままでは、失敗すると叩いたり、犬の鼻をすりつけてというつまり体罰を

与えていたようです。

このやり方を続けると人間が怖くなり、臆病になって

しまいには、攻撃的になってしまう。

場合もあります。

その他

たばこが健康を侵す急性症状



 

たばこの煙中に含まれている種々の有害物質のうち、生埋的に影響を及ぼす

主な物質はニコチンと気相に含まれている一酸化炭素ですね。

ニコチンによって中枢神経系が興奮し、



心拍数が増加して、血圧上昇、末梢血管の収縮、

心臓・血管系への急性影響がみられています。

一酸化炭素は赤血球のヘモグロビンと結びついて、

血液の酸素運搬能を低下させます。

いつも吸っている喫煙者ではニコチンにより、

精神神経機能の促進と抑制という急性効果をもたらしています。

あなたの喫煙による急性影響は、

喫煙者ならどれか一つは経験してるでしょうね。

呼吸器系では、咳・痰などの呼吸器症状、呼吸機能障害(息切れなど)

循環器系では、血圧上昇、心拍数増加、末梢血管収縮・循環障害(手足・足先の

しびれ感、冷感、肩こり、首のこり、まぶたの腫れなどの症状)

消化器系では、食欲低下、口臭、その他の消化器症状

中枢神経・感覚器系:知的活動能低下、睡眠(就眠)障害

全身症状では、健康水準の低下、体重減少 などがありますよね。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。