犬の病気

犬の糖尿病


血糖値をコントロールするインスリンが不足しておこる病気です。

遺伝的な体質といわれてますが、ほとんどの場合、

過食、肥満が原因になります。

原因の一つに、すい臓が弱くなってくるのがあげられてます。

糖尿病は、肥満や過食で、インスリンを多く使いすぎたためにおこってるんです。

血液中に糖が多くなって、血管や内臓や目などに症状があらわれてきます。

これを、合併症といいます。

糖尿病の治療は、インスリンの注射をします。

病院で決められたインスリンの量を必ず毎日注射します。

この病気も発病すると完治が難しいといわれています。

なってしまうと、とてもやっかいな病気です。

発病がわかりにくいのが難点です。

普段の予防をするように心がけましょう。

糖尿病の症状
1 水を多く飲む
2 すぐ疲れるようになる
3 多食の割に痩せてくる
4 視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの暴飲、暴食。

肥満に注意が必要になります。

犬の生活習慣病と言われていますので、

長期の肥満などを見逃さないように心がけてください。



犬のビタミン欠乏症

ビタミン欠乏症について




ビタミンとは、食物の成分の中で、炭水化物、脂質、たんぱく質の他の

有機化合物をいいます。

エネルギー源には、ならないのです。

人間の健康保持するために大変大事な必要不可欠なものになるようですよ。

人間は自分で合成できないので、食物でおぎなわなければならないのです。

人間に必要なビタミンは、13種類です。

ビタミン特有の作用があって、本と微量の摂取で、

健康が維持できるんですよ。

最近偏食やをしたりダイエットしたりして色々なビタミンが、

不足しがちになってます。

ビタミンが不足すると、いろんな障害ができてきます。

進行してきてから初めてあきらかになるようですよ。

また、ビタミンB1が不足していなくても、著しく炭水化物を多く摂取してい

る場合にはバランスがくずれます、

脚気のような症状があらわれるのです。

ビタミンB2、B6、B12は脳からの色々な刺激不足すると、

倦怠感やしびれなど症状がでてきます。

小児期にビタミンB1、A、E、Dなどが不足すると

成長が障害されるのです。

ビタミンE、D2、Cが不足すると脂質が酸化されることによって、

いろんな病気の原因をつくります。

疫学的にビタミンA、C、E、の摂取量が少ないとがんの発生率が高くなります。

ビタミンCは発がん物質の生成を抑制してくれるんですよ。

いろんな食品から健康維持をするために必要になってくるビタミンは

ほんの微量なのですが、バランスよくとることが、もっとも健康維持

するためには、必要条件のようなもんになります。

犬の飼いかた

室内犬の飼い方の注意する所

犬を。大事にされている飼い主さんすごく増加してるんですよね。

室内犬の飼われている、割合がここ数年で凄く増加していると思うんです。

できるだけ室内で飼われるほうが良いと思うんですね。

トラブルを防止するためにも、そうして欲しいです。

何か知らない間に変な物を食べさされていたり、悪い事をされていたり

最近とくにぶっそうな世の中になったきているので外で飼うのは、

トラブル多すぎです。

昔は、ほとんど室外で飼うのが常識って感じ出したから、

ほとんど、散歩以外はほったらかしの状態が多かったようです。

室内で飼うようになって、ご飯も室内でちゃんと食べさせてもらって、

その後もボールや、いろいろなおもちゃで遊んでもらってます。

っていうか催促するんですよね。犬の方が・・・。

食後の遊びも30分〜一時間ぐらいは、空けて遊んであげてね。

もどすこともあるので、気をつけてください。







犬の飼いかた

犬の育て方

授乳期(生後3〜4週令)までの子犬は、

生まれて1〜2週令に母乳を、よく飲んで母乳が足りない場合は、

犬用のミルクがあるので、それを与えてみてください。

だいたい母乳を、与える間隔は、2〜3時間毎がいいと思います。

おなかが一杯になるまで与えて下さい。

子犬が、3〜4週令ぐらいになってくるとだいたい1日3〜4回位を、

目安に与えてください。

この頃になると、食器から直接自分で飲める様になってきます。

子犬の離乳期は、5〜7週令の時期になります。

この時期になると母乳と併用して犬用のミルクを1日4回位の目安で、

飲ませてください。

このとき便の状態を気にしながら、成長期用フードを混ぜたミルクがゆを与

えていきます。

だんだん子犬の状態を、みながら少しづつドッグフードの

割合を増やしてみます。

子犬の成長期は、 1年位が目安です。

この時期は、成長期用のフードを使います。

便の具合、食欲、成長の度合いに比例して応増やしていくといいですよ。

そうですね、だいたい4ヶ月位までは、1日3回を、目安ににしましょう。

4ヶ月以降は、2回でもいけると思います。

子犬の 成犬期 は、1〜8年位だといわれています。

成犬用フードを、肥満に気をつけてくださいね。

そのためにも適量与えてください。。

犬の胸に手を当て、肋骨が少し感じる程度が、丁度良い体格といえるでしょう。

食餌は2回がベストで最適です。

子犬の高齢期 は、8年以上いきた犬のことをいいます。

一番の特徴としては、成犬期より高齢期になると、運動量が極端に減ります。

肥満には特に気をつけ、高齢

犬用フードを与えます。

運動量が、すくなくなるので、高齢者用のドッグフードを、使います。

肥満には、気をつけてくださいね。



 
     



その他

夏風邪

夏風邪 とは?
 

夏風邪とは一般的に夏の季節に発症する風邪のような症状の病気です。

咽頭(のど)を中心に発症します。

冬の風邪もいろいろな原因があります。

夏風邪の原因は、エンテロウイルスやアデノウイルスなどのウイルスが原因にあげられます。

赤ちゃんまたは、老人などにかかりやすいです。

もともと抵抗力が弱い人がかかりやすいといわれています。

若い元気な人でも、いわゆる夏バテなど体力が落ちると夏風邪にかかりやすい状態になります

クーラーにかかりすぎなども間接原因になります。

寝冷えもその一つです。

症状などは、風邪の症状に似ている(発熱、咳、鼻水、のどの痛み)。

下痢などもおこします。

胃腸症状にもきをつけてください。

今年夏は発熱はわずか(37度台)で、のどの痛みは必発で、頭痛もあるようです。

また全身倦怠感あります。

つまり、だるくて頭がぼーっとし、それにのどの痛みがあれば、ほぼ夏風邪に間違いないと思います。

2,3日の安静にしていれば、治るが、こじらせると大変な事に、

なります。

高熱が出たり、肺炎や髄膜炎といった合併症を起こす事もあるので

重症化することに注意が必要になってきます。

予防としては うがい と 手洗い は必ずしていきましょう。

最低限の予防ですのでまもってください。

あなたにとってとにかく規則正しい生活(早寝早起き、バランスのよい食事)をすることが何より重要です。

いちどひくと、長引きますので、気をつけましょう。

 

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。