犬の病気

犬のがんについて

がんの治療法は、 完全な治療法が実はようです。

外科療法、化学療法、放射線療法などの、いくつかの治療法があります。

その中で選択されます。

また組み合わせをする場合もあります。

その組み合わせで、補い合って治療する「集学的治療」が一般的な治療のやり方のようです。

がんは、発見が早ければ早いほど生存率は高くなります。

犬も場合も、同じようです。

高年齢になるほど、免疫力の低下していきます。

免疫力の低下が、がんを発病しやすくしているみたいです。

犬も人も同じなんですね。

犬の食事

食事の与え方

愛犬に与える一日の食事の量は、しっかり管理しましょう。

愛犬に必要な1日のカロリー量を把握しなければなりません。

肥満防止や健康維持のためにもとても大切なことなのです。

食事の量はきちんと毎日計算しておいたほうがいいでしょう。

おやつを与えたい時は、その与えるおかしのカロリー分を減らすことが大事です。

それから食事を与える場合ですが、

愛犬ほうから欲しいと催促されてから愛犬に食事を与え続けると、

愛犬はいつでも「要求すれば食事が出てくる」と錯覚してしまいます。

食べたくなると“要求吠え”をする場合もでてきます。

愛犬の方から要求さすのでなく、飼い主さんが主導権を握って、

静かにしているときに飼い主さん側から与えるようにしましょう。

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。