犬のかみつき

犬のかみつき

体の痛みにより人に抱かれると噛みつくことがあります。

少し触れるだけでも、痛くて噛みつく場合もあります。

大事に一生懸命可愛がってきた愛犬なのになんで・・・。

どうして?

って思いますよね。

少し寂しく感じます。


そういう場合心配なければならないことは、

骨折、怪我または、何かが原因ではれているかしこりがある。

関節に異常は、ないのか?

などいろいろな原因が、あげられます。


その他に噛みつきでは、ないのですが、

名前を呼んでも反応がなかたり、いろいろな命令に
反応しなくなったりしたら

耳が遠くなっている場合も考えられます。

それから、痴呆症の可能性も考えておいたほう
いいかもしれませんね。

犬の足腰の弱り

犬の足腰の弱り

犬の老犬になると、いかにもよっこいしょといわんばかりに、
重たそうに腰をあげるしぐさをするようになってきます。

この場合も筋力の衰えと、太りすぎの場合を考えなければ
なりません。

その他に重たそうに腰をあげるしぐさの理由として
変形脊椎症という関節の病気の疑いも考えておいたほうがいいかも
しれませんね。

だいたい年齢でいうと8歳前後の高齢犬が対象になってきます。

たぶん人が変形脊椎症になるのと同じくらいの痛さが
あるのでしょうね。

じっとしていたい気持ちがわかるような気がします。

でも、このばあいもむりに運動させるのでなく、犬の歩くペース
にあわせてゆっくりゆっくりあるかせてあげてください。

老人が、歩くペースのようにね・・・。








犬の歩行

犬の歩行

犬が机やいすなどにぶつかることがあります。

慣れている家なのに何故?

って思うでしょう。

これは、足腰の弱りが原因で周囲が見えているにもかかわらず
高齢犬になるとぶつかってしまうのです。

犬は、机やいすなどをいつもあった場所から移動し、環境を変えると
今までとは違う環境に対応できずぶつかってしまう。

これは、まだ慣れていないだけということも考えられるようです。

つまり、犬はいつも使うトイレや寝場所などは、あまりかえず
できればいつも同じ場所においてあげるほうが、安心できる
ようです。

そして机やいすなどは、または新しい物を犬が、いつも行動する
エリア内にいきなり置かないように心がけてくださいね。

あと一つ考えられることは、目の病気です。

つまり、白内障など病気です。

この病気になると、視力がいきなり低下します。

ときどき目が濁ってきていないか、見てあげてください。

濁りが、出始めたら獣医さんに相談してみてください。


犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

犬も、老犬になると、歯の痛みを感じ、食事がしにくくなり
食欲減退につながります。

という歯や歯ぐきのトラブルをかかえていきます。

歯の真上にある鼻の機能までが、歯の病気が悪化により
嗅覚が衰え食べれなくなります。

違和感、食べ物がかみにくいとか、痛みがある場合は、
犬の口のなかに腫瘍ができている可能性もあります。

一度口にはこんでも落としてしまう。

食事を与えても、拒否する場合注意してください。

こんな場合一度、シニア用のドッグフードや、
やわらかいドッグフードなどためしてみるのもいいかもしれません。

犬の失禁

犬の失禁

犬も高齢になると、失禁してしまうことがたびたびあります。

尿意のコントロールできずに起きる症状です。

腎臓の機能が衰えると、頻尿になります。

これは、犬も人も同じですね。


犬は普通、賢い動物でおしっこは散歩にいかないとあまりしない

もので、

老犬になると散歩の途中に、飼い主が見ていないすきにしている
場合もあります。


ベランダや庭でもしてる場合もあります。

でもマーキングをしている場合もある。

老人のようにおしっこがでにくい時水分をとらせれば、おしっこ
がでやすくなるようです。


犬の皮膚炎

犬の皮膚炎

犬には、毛が生え変わる季節があります。

まず、春から夏。

それから秋から冬。

季節の変わり目が、そうです。

全身の毛が、生え変わろうとするために抜け毛になります。

抜けた毛は、ほっておかずに、こまめにブラッシングを
してあげるといいですね。

あと抜け毛の原因は、ダニやノミの寄生やカビが原因で皮膚炎
を起こしている場合もあります。

また、アトピー性皮膚炎というアレルギーによって起こる
皮膚炎もあります。

あと、ちょっとやっかいなのがホルモン異常や腫瘍が
原因で脱毛が起きている場合です。

この場合は、ほっておかず動物病院の医師に相談してみると
いいです。

あと一つの原因があるのですが、これはストレスからきたものです。

これは、病気が原因で抜けていくのではなくて、
愛犬自身が自分で自分自身の毛を抜いてしまう。

という場合もあります。

犬も人と同様に、白髪が増えたりします。

つまりこれは、色素がなくなってきている状態です。

犬も人も同様に毛が薄く白髪になっていく

これは、自然の成り行きなのでしかたがないのかもしれませんね。

年は、とりたくないもんです。

犬も人と同じなんだなぁって・・・。



犬の皮膚のたるみ

犬の皮膚のたるみ

犬も年をとると、首の皮膚がたるんできます。

これは、こえているということではなくて、肉球が乾燥して
固まってしまっているのです。

皮が、分厚くなったような感じで、弾力も若いときと比べると
かなり弾力が、なくなっています。

そして、しこりのような脂肪のかたまりが感じられます。

これは、悪性の場合もあります。

またこれとは別にグリグリした固まりが感じたときは、

脂肪腫以外に腫瘍ができている可能性がつよいので早急に

このような症状が感じられた時点で、医師に相談するといいです。

いち早くこのような症状を見つけるには、普段から皮膚の状態
を常に注意をしてチェックをしてあげることが
早期発見につながるのではないかと思います。

こまめに毛をブラッシングしてあげてくださいね。

日頃にお手入れが一番大事ではないでしょうか?





また日頃から、犬の手入れやブラッシングのときに体をさわり、被毛や皮膚の状態をチェックしておくようにしましょう。

犬の歯周病

犬の歯周病

犬の歯に、歯垢や歯石がたまると歯周病という歯の病気に

なってしまいます。

放っておくと歯ぐきや、骨までが侵されてきます。

そうなると歯を支えている大事な骨までが、やせ細ってしまいます。



そうなると歯周病のため、歯がぐらつき危険な状態になります。

この状態をなお放っておくと愛犬の大事な、大切な歯を抜かないと
いけないということになりかねません。

こうなると、引き裂く力が弱くなります。

本来犬の歯の役目は、食べ物を引き裂くということです。

なので、引き裂くことができなくなるとどうなるか?

丸呑み状態で食べなければいけなくなります。

というこは、やわらかい引き裂くことのいらない食べ物を

あたえなければいけないというこです。


日常のケアが、いかに大切かがわかりますよね。





犬の息の仕方

犬の息の仕方

犬は、気管支の内側が石灰化や分泌物の減少によって、「ゼーゼー」いう息をすることがあります。

これは犬が、高齢になると気管支が細くなるためこのような症状がでる
といわれています。

舌をだしハァハァと息をすることで体温の上昇周防をおさえて
いるようです。

これを、することで犬は体温調整をしています。

温度の高さ低さに対応しきれないとき、よく目につきます。

肥満によって心臓に負担がかかり、少し動くだけでハァハァと息を
している犬は、肥満によるものと思われます。

これは、心臓にかなり負担が、かかっているようです。

人のペースでむりやり歩かすのでなく、愛犬自身のペースにまかせましょう。

無理な運動は、禁物。

犬は暑さが苦手なので

愛犬のペースを考えてあげてくださいね。


犬の食事

犬の食べてはいけない食事

犬の食べてはいけない食事とは?

@ネギ類 は危険

ねぎ類といえばまず、ネギ、タマネギ、ショウガ、ニンニク、
浮かびますよね。

ねぎ類と呼ばれるほとんどの物と思ったほうが、いいですね。

ねぎ類にはアリルプロピルジスルファイドという恐ろしい物質が含まれているので、下痢や嘔吐のような中毒症状を起こします。

ひどい場合には、血尿なども引き起こす可能性があります。


A生卵の卵白

アビジンという物質は、卵の卵白に含まれる。

この物質は、ビオチン欠乏症になり、それによって、
皮膚炎とか食欲不振、疲労という症状が発症します。

でも、この症状をでないようにする方法は卵白だけあたえるのでなく
黄身といっしょにあたえれば問題ないようです。

栄養価が低くて消化が悪い食材に
貝類・エビ・タコ・イカ・カニなどが、知られていますよね。


B鳥類の裂けた部分の骨

鳥類の裂けた部分の骨は、注意が必要です。

尖った部分が、内臓とか消化器を傷つけることもあります。


Cテオブロミオンというチョコレートに含まれる物質

テオブロミオンというチョコレートに含まれる物質は、
中毒症状を起こします。

そのほかにも、下痢、嘔吐、興奮、動悸、痙攣など起こします。

ココアも同じ物質が、含まれているので、チョコレート同様
十分気をつけてください。











Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。