犬の糖尿病

犬の糖尿病

☆犬の糖尿病とはどういうものか?

すい臓の役割というのは?

インスリンというホルモンの分泌。

糖の吸収、脂肪、たんぱく質の蓄える助けをすることです。


糖は、インスリンが低下すると吸収しにくくなる。

これが、原因でさまざまな病気がおき易くなる。

糖尿病を調べる方法として、てっとり早いのは尿検査です。

その検査の結果、尿がでていれば間違いなく糖尿と
思ってもいいでしょうね。

この糖尿病の原因として、まず運動不足によるもの。

カロリーのとり過ぎている食べ過ぎによるもの。

このような方は、要注意です。

血糖値をコントロールしているのが、インスリンです。

このインスリンが不足してしまうためにおきるといわれています。

あなたの愛犬の両親を、考えて見ましょう。

糖尿病にかかっていなかったか?

どうですか?

遺伝という説も考えられるようです。

その他に、考えれる原因としてやはり過食でしょうね。

過食による肥満が、すい臓が弱らせ糖尿病を引き起こしているということです。

そして、糖尿病になると怖いのが合併症です。

合併症になると、血管や内臓や目などの症状がおきてきます。

このような症状が、何故おきるのか?

インスリンを使いすぎた結果です。

その為に血液中に糖が多くなってしまったのです。

肥満や過食は、怖いですね。


☆糖尿病の治療

インスリンの注射。

☆糖尿病の症状


〇視力がおちる。

〇白内障になる。

〇疲れやすい。

〇いつものように食べているのに痩せてくる。

〇喉が渇いてしょうがない。

適度な運動をして、肥満にならないよう心がけましょうね。

早期発見、早期治療が糖尿病の悪化を防ぐ何よりの治療です。

定期的に検診を受けさせてあげてくださいね。





Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。