犬の分離不安症

犬の分離不安症



犬の分離不安症とは、

飼い主が出かけた時に、良く起こるのですが、

〇飼い主が留守中に鳴き続ける

〇飼い主が留守中にそこらじゅうの物を潰したり、
壊したりする。

つまりこれは、犬が飼い主への依存度が高くなる場合によく
でる症状と言われています。

犬も年をとると心細くなったりとか不安が、
原因で飼い主への依存度が今まで以上に高くなるのです。

もともと犬の飼い主がすごく自分の子供のように愛し育てていて
犬も飼い主にべったりになっている場合に、老犬になると
飼い主が留守になると周囲の状況が判断できずに
不安感をいだくのでしょうね。

どのように対処すればいいのか?

犬だけを、留守番させる時や夜飼い主が、

寝る時も何か音のでる物を、置いてやると
安心し、不安が解消されるでしょう。

例えば、テレビ、DVD、CDなどの音楽などつけておいてあげると
いいでしょうね。

老犬になって夜鳴きのような症状がでてくると
ひょっとして分離不安症かもって考えて見てください。

場合獣医さんに行かれると、治療薬もあるので
一度、場合獣医さんに相談するのも一つの解決方法だと思います。









犬の攻撃的な行為

犬の攻撃的な行為

の攻撃的な行為とは、例えば

吠えたりとか

噛んだりとか

そのような攻撃的な行動をすることです。

それは、

〇恐怖心によるもの。
(視覚や聴覚の衰えによっておこるもの)

〇運動機能の衰えにより危険を回避できないことへの強迫観念。

などにより攻撃的な行動をするのではと、云われています。

防衛本能によりこの相手が自分にとって見方なのか
または、安全な存在なのか理解できずにおこる恐怖心が
原因だと思われます。

その他に何処か故障をしていて何処かをかばっているような
行為があれば、できるだけ早く獣医さんに
診察してもらってくださいね。

そしてが落ち着かないときは、声をかけてあげることで
が落ち着きを取り戻す場合もあります。

一様治療法としては、再取り込み阻害薬の投与があります。


犬の徘徊

犬の徘徊





犬の徘徊とは、犬が夜中に理由もなくうろうろと部屋を
うろついたりしはじめます。

そして、やはり理由もなく鳴いたりします。

犬も徘徊すると、不安になり易いのです。

例えば、一人にされることですごく不安を感じるように
なります。

対処の仕方として、できるなら一晩中部屋の電気を
つけておいてあげる。

他には、何か音の出るものをつけてあげる。

例えば、

音楽。

テレビ。

などを、つけてあげる。

このようなことで不安感を多少は、軽減できるでしょう。

または、飼い主の寝ている部屋(寝室)に連れて行って
あげることも、効果があるでしょう。

それから、どうしても老犬になると昼間眠っている時間
が多くなってきます。

なので、できるだけ昼間の睡眠時間を減らすように心がけて
あげてください。

睡眠のリズムが、狂ってしまいます。

できるだけ昼間は、遊んであげてくだい。

治療方法に治療薬を投与する方法が、あります。







また、犬を家族の寝室に入れ、そばについているのも、同様の効果があります。昼に眠り続けていることで、睡眠のリズムが狂ってしまっている可能性もあるので、昼はできるだけ犬の相手をして、起きている時間をのばすという方法もあります。

【治療法】
犬にクロミカルム、塩酸クロムプラミンなどの治療薬を投与します。

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。