犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の高齢化判断(サイン) > 犬の高齢化判断(サイン)

犬の高齢化判断(サイン)

犬の高齢化判断(サイン)

犬の老年期は、だいたい7歳前後といわれています。

人の年齢でいうと40代や50代くらいが、犬の7歳にあたります。

人間は、これくらいが働きざかりですね。

犬は、中高年になる年齢です。

だいたいこれくらいから、、体の老化は確実に始まっているようです。

そろそろ注意が、必要な年齢ということです。



愛犬が、今までと違ったしぐさまたは違った行動を見せるように
なったら老化、または病気を、心配すべきだと思います。

医師に相談するのもいいかもしれませんね。

医師としたしくなるいい機会になるかも・・・。


☆注意すべ犬の老化の判断の仕方(サイン)とは?

@犬の息の仕方

A犬の皮膚炎

B犬の歯周病

C犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

D犬の失禁

E犬のかみつき

F犬の歩行

G犬の足腰の弱り


H犬の皮膚のたるみ








<<犬のかみつき | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の寄生虫対策について >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。