犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の皮膚のたるみ > 犬の皮膚のたるみ

犬の皮膚のたるみ

犬の皮膚のたるみ

犬も年をとると、首の皮膚がたるんできます。

これは、こえているということではなくて、肉球が乾燥して
固まってしまっているのです。

皮が、分厚くなったような感じで、弾力も若いときと比べると
かなり弾力が、なくなっています。

そして、しこりのような脂肪のかたまりが感じられます。

これは、悪性の場合もあります。

またこれとは別にグリグリした固まりが感じたときは、

脂肪腫以外に腫瘍ができている可能性がつよいので早急に

このような症状が感じられた時点で、医師に相談するといいです。

いち早くこのような症状を見つけるには、普段から皮膚の状態
を常に注意をしてチェックをしてあげることが
早期発見につながるのではないかと思います。

こまめに毛をブラッシングしてあげてくださいね。

日頃にお手入れが一番大事ではないでしょうか?





また日頃から、犬の手入れやブラッシングのときに体をさわり、被毛や皮膚の状態をチェックしておくようにしましょう。

<<犬の歯周病 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の皮膚炎>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。