犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の寄生虫対策について > 犬の寄生虫対策について

犬の寄生虫対策について

犬の寄生虫対策について

ノミにはどんな弊害があるかについて説明していきます。

外部寄生虫の一種で、犬の体に寄生する代表的な寄生虫です。

ノミが引き起こす症状として、かゆみを起こします。

その為に、そのかゆみのある部分を噛んだり、ひっかいたり

するため、皮膚炎などを発症させてしまいます。

アレルギーも起こす場合もあります。

これは、ノミの唾液に含まれる物質が関係しているようです。

脱毛が、背中から腰、尻尾のつけ根にかけて起こし、赤いブツブツ

も広範囲にでてきます。


ノミは、血液を吸うので沢山のノミに侵されると貧血になる場合
もあるので、いつも見てあげてくださいね。

それから、内部寄生虫というやっかいな条虫というのもあります。

これは、多くの病気を媒介するので、油断を許しません。

これは、飼い主も刺されれたいへん激しいかゆみに襲われ

皮膚炎を、起こしてしまいます。

なので、ノミは見つけ次第徹底的に駆除しましょうね。

予防対策も考えておいてください。

ノミがいてなくてもです。

これは、寄生を避けるためにとても重要なことです。


一番現在ネコノミ多と寄生しているといわれちるのは、
ネコノミというものです。

これが、犬に寄生しているのは成虫の間で

卵や幼虫、サナギは犬の体にはついていなくて

犬小屋や犬の生活している周辺に潜んでいるようです。

ということは、犬の生活している周辺を徹底的に駆除することが
効果的です。

「ノミ予備軍」の駆除をすること一番効果的ですよね。

犬の体についた成虫を取り除くことだけが駆除では
ないということです。

ノミは、春から夏が繁殖しやすい季節といわれています。

それは高温多湿の環境が、ノミの繁殖にはかかすことのできない
条件になっているからです。

最近は、冬でも一年中ノミの繁殖が可能になってます。

というのは、エアコンで室内の温度を一定に保っているため

繁殖しやすい環境を与えてしまっているのです。

だから、冬だからといって安心せず油断しないようにしたほうが
いいでしょう。

ノミは、成虫に比べ卵、幼虫、サナギの期間のほうが長いです。

愛犬の体に成虫が見つからなかったとしても犬小屋などの愛犬が
生活している範囲ないで、卵が孵化して、再び寄生しないよう

駆除を徹底的に行うことが重要です。






<<犬の高齢化判断(サイン) | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の白内障>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。