犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の糖尿病 > 犬の痴呆

犬の糖尿病

犬の痴呆

の痴呆について。

も、人も同様もともと痴呆にかかる可能性を
どんなの種類でも持っています。

痴呆になったとこれからどうやっていくのか
が大事なのです。

つまり、痴呆になったとこれからどうやって付き合っていくか
ということです。

前もって家族の方と話し合っておくほうがいいでしょう。

あまりにも不自然な、行動をとるようになったら
リードで、室内につないであげましょう。

の行動が、目にあまったときだけですよ。

でも声だけは、いつもかけてあげてくださいね。

食事も時間を決めて規則ただしく。


〇痴呆になってしまったら


飼い主を識別を、できなくなり、出て行ったきり、
家に帰れなくなる。

これは、帰巣本能の衰えのよるものと言われています。

この場合ネームプレートという連絡先を記したものがあります。

これを、迷子防止のためにつけておいてもいいでしょう。

今、犬の痴呆の治療法として、治療薬(レシチン)の
投与と療法食とがあります。




<<犬の気になる行動 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の徘徊>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。