犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の徘徊 > 犬の徘徊

犬の徘徊

犬の徘徊





犬の徘徊とは、犬が夜中に理由もなくうろうろと部屋を
うろついたりしはじめます。

そして、やはり理由もなく鳴いたりします。

犬も徘徊すると、不安になり易いのです。

例えば、一人にされることですごく不安を感じるように
なります。

対処の仕方として、できるなら一晩中部屋の電気を
つけておいてあげる。

他には、何か音の出るものをつけてあげる。

例えば、

音楽。

テレビ。

などを、つけてあげる。

このようなことで不安感を多少は、軽減できるでしょう。

または、飼い主の寝ている部屋(寝室)に連れて行って
あげることも、効果があるでしょう。

それから、どうしても老犬になると昼間眠っている時間
が多くなってきます。

なので、できるだけ昼間の睡眠時間を減らすように心がけて
あげてください。

睡眠のリズムが、狂ってしまいます。

できるだけ昼間は、遊んであげてくだい。

治療方法に治療薬を投与する方法が、あります。







また、犬を家族の寝室に入れ、そばについているのも、同様の効果があります。昼に眠り続けていることで、睡眠のリズムが狂ってしまっている可能性もあるので、昼はできるだけ犬の相手をして、起きている時間をのばすという方法もあります。

【治療法】
犬にクロミカルム、塩酸クロムプラミンなどの治療薬を投与します。

<<犬の痴呆 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の攻撃的な行為>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。