犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の分離不安症 > 犬の分離不安症

犬の分離不安症

犬の分離不安症



犬の分離不安症とは、

飼い主が出かけた時に、良く起こるのですが、

〇飼い主が留守中に鳴き続ける

〇飼い主が留守中にそこらじゅうの物を潰したり、
壊したりする。

つまりこれは、犬が飼い主への依存度が高くなる場合によく
でる症状と言われています。

犬も年をとると心細くなったりとか不安が、
原因で飼い主への依存度が今まで以上に高くなるのです。

もともと犬の飼い主がすごく自分の子供のように愛し育てていて
犬も飼い主にべったりになっている場合に、老犬になると
飼い主が留守になると周囲の状況が判断できずに
不安感をいだくのでしょうね。

どのように対処すればいいのか?

犬だけを、留守番させる時や夜飼い主が、

寝る時も何か音のでる物を、置いてやると
安心し、不安が解消されるでしょう。

例えば、テレビ、DVD、CDなどの音楽などつけておいてあげると
いいでしょうね。

老犬になって夜鳴きのような症状がでてくると
ひょっとして分離不安症かもって考えて見てください。

場合獣医さんに行かれると、治療薬もあるので
一度、場合獣医さんに相談するのも一つの解決方法だと思います。









<<犬の攻撃的な行為 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬のたまねぎによる中毒症状>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。