犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > その他 > 生活習慣病とは

その他

生活習慣病とは

前回の記事の生活習慣病の補足。

どこででもよく聞くようになってきた『生活習慣病』は、どのような病気

なのか?

少しお話します。

生活習慣病と成人病の違いは、何か?

成人病とは、成年になったころから出始める病気の事です。

例えば、脳卒中やがん、心臓疾患の『3大成人病』があげられます。

その原因になる糖尿病や高血圧性疾患も含め、成人病と言われています。

昭和30年代ごろから経済的に裕福になり、成人病疾患が増えてきたようで

す。いまでは、小児肥満や、高血圧である『小児成人病』という言葉が、

使われるようになった。

この病気が、加齢による現象でなく、長年の生活習慣が問題になっているの

ではないかと、言われています。

食生活、運動習慣、睡眠、喫煙、飲酒という生活習慣が、不適切であったた

めに、おこったのではないだろうか?

といわれてます。

遺伝という説もあるようです。

正しい生活習慣に戻ることで、このような病気を、ある程度抑制できるよう

ようです。

若いときからの健康管理が、一番重要です。

生活習慣病は、本人が気がつかないまに慢性化して、進行しています。

しかも不可逆性であるから、病気に気がついてあわてて治そうとしても、

中々治せない。

とにかく根気よく治していかないと病気を止めることすら難しい。

可決策として、治療よりも、予防が大事です。

子供のころからの生活習慣を正すことが一番の予防策とされている。

なってからだと遅いですよ! 
 

 







<<生活習慣病と肥満 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | ダイエットのノウハウ>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。