犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > その他 > ダイエット食品を考えてみよう。

その他

ダイエット食品を考えてみよう。


 
今日は、ダイエット食品を考えてみましょう。
 



ダイエット食品とについて・・・

ダイエット(daiet)というものは、日常の飲食物という意味をもっています。

食事療法という意味もある。それが、もとで『痩せる食事』または、『美容食』という意味で使われることになりました。



どのような食品が市販されているのかあげていきます。


@砂糖に代わる甘味料は・・・
 


さとうは、一番肥満の大敵です。コーヒーや紅茶へいれる砂糖を最近控えるかたがいます。

砂糖にに代わる甘味料を使われる方が増加してきています。


 ダイエット食品として砂糖に代用できる甘味料は、甘味があり、エネルギーの少ないものが、人気があります。
 
甘味料の種類に、マルチトール、ソルビトール、サッカリン、ステビア、
ソーマチンアスパルテームなどがあります。


 商品の種類について・・・

マルチトールを用いるものがが多いです。

液体や粉末の状態で売られています。

清涼飲料水、果汁飲料、ジャム、ビスケット、飴玉などに添加されています。

 また、マルチトールは消化吸収されにくいので、多くとると下痢をすることもあります。気をつけてください。


 食物繊維を加えた食品について・・・

 食物繊維は、木材、さとうきび、りんご、とうもろこし、ふすま、こんにゃく芋、海藻などを原料にします。

 粉末や粒状の形で、売っている場合に、食物繊維を、直接水といっしょに飲むのが一般的です。

調理用としても使われているものもあります。

 加工食品として、市販されているものでパンやビスケット、中には即席ラーメンのように麺状にして食べるものもあります。

これらをエネルギーの面からみて見ると、加えた繊維量が多くなるほど、エネルギーは減少することになります。



 脂肪をおさえた食品について・・・

これについては、次回の記事になります。

<<ダイエットと運動習慣 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | ダイエット食品(脂肪をおさえた食品)>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。