犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > その他 > 健康とビタミンの関係

その他

健康とビタミンの関係



社会人としての、第一歩を、踏み出そうとしている方、大学入学で、親と

離れ、一人暮らしを始める方が、今の時期多いでしょう。

慣れない生活でストレスが溜まったり、開放感から、食生活が乱れてくる

時期です。ビタミンは、13種類あって、種類によりビタミンの服務

量が違います。

食生活に乱れが、ないようにいろいろなものを食べましょう。

ビタミン不足にならないようにしましょう。

ビタミンは、栄養素だけでなく、健康を守る役目もあります。

ビタミンは、微量栄養素の一つであり、不足すると、欠乏症と呼ばれている

必要量の10倍とか50倍の量をとると、成人病やがんを予防します。

酸素の仲間で悪い働きをする酸素(コレステロールと悪玉酸素)からだの中で少しずつ作られています。

成人病の原因になることが、明らかになってきています。

悪玉酸素の働きを、防ぎ私たちの体は、防衛機能を、持っています。

ビタミンC、ビタミンE,ベータ・カロチンなどが、防衛機能の

一部です。

悪玉酸素をやっける働きがあり抗酸化ビタミンといわれてます。

抗酸化ビタミンが効率よく働くためには1日にビタミンCなら500mg、

ビタミンEなら100mg、ベータ・カロテンなら6mgぐらいは必要になります。

もう1つのビタミンの話題は老人、特に女性に多い骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。

はカルシウムや運動も関係していますが、ビタミンも関係しているようです。


今特に注目されているのが、ビタミンDとビタミンKの2つです。

この二つは、よく耳にしますよね。

納豆にビタミンKが多く含まれています。

骨粗鬆症の治療に良い結果が出ることがはっきりしてきました。

ある程度の年齢になったら1日1回納豆を食べましょう。

ビタミンKの補給を忘れないように注意をしましょう。

副作用のあるビタミンもあります。

素人のビタミン剤多用は特に注意が必要です。

まずビタミン剤を服用するときは、専門の方に相談してください。




--------------------------------------------------------------------------------


<<肉食中心になると何故悪いのか? | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | ペットと人の健康>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。