犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 動物と人との関係 > 動物による外傷について

動物と人との関係

動物による外傷について

咬まれたり、引っ掻かれた時どうしますか?



最近のペットブームなので、私たちの身の回りには多くの動物を見かけます。

そのため、いくら注意して生活していても、ときには動物の方から傷を受ける場合もあります。

動物の種類も多くなってきていますが、動物の外傷による大半は犬猫による

ものだと思います。

犬猫に咬まれたり引っ掻かれたときの応急処置、その際に感染する可能性のある疾患について説明をしていきます。



【外傷を受けた時の処置について】


(1) 確実に傷口の洗浄。

オキシドールなどをつかったりして、傷口を洗浄しましょう。

異物、壊死組織が残っていると病原微生物に感染する可能性が高くなってきます。

傷口だけでなく傷の周囲に付着したものも取り除くようにする。

消毒薬のひとつとしてオキシドールは一般によく使われます。

消毒効果よりも洗浄効果を期待して使用する。

それはオキシドールが血液、組織、細菌、膿などに含まれる成分(タカラーゼ)により分解されて、酸素を発生させます。

その酸素の発砲によって傷口を洗浄するから洗浄効果が期待できます。

傷口の洗浄が確実にすれば、感染する可能性は少なくなります。

(2) 傷口が土、石でひどい汚れている時は、ポピドンヨード(イソジン液等)で30分位湿布。

もし、傷口に芽胞菌が付着している場合、芽胞菌の数を減少させることが可能です。

芽胞菌とはどういうものか?

細菌の中には、温度・湿度の低下、栄養がなくなる等、発育条件が悪くなると卵の殻のようなものを作って、その中に閉じこもり、条件が改善されるまで休眠状態になるものもあるようです。

この卵の殻のようなものを“芽胞”といいます。

芽胞を作る細菌の仲間を“芽胞菌”と呼びます。


(3) 動物から受けた傷口が深い時や、出血が止まらないときは、

直ちに医師の診察を受けるほうがよいでしょう。

これ以外にも不安を感じるとき(腫れが引かない、傷口が化膿してきた、全身倦怠、下痢、嘔吐など)には、医師の相談を受けるようこころがけてください。

まれに全身の感染症の恐れがあるので、診察や相談はとくに動物病院で受診しなくても、一般の病院で動物による傷と言って受診するといいでしょう。


病院では抗生剤の投与や、傷口の切開や縫合などの処置を受けてください。

感染症への対策(破傷風、狂犬病など)します。



動物に噛まれたらできるだけ感染症にならない為に病院で受診することをおすすめします。


<<砂場遊びとペットの糞尿との関係 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | たばこが健康を侵す急性症状>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。