犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の飼いかた > 犬の育て方

犬の飼いかた

犬の育て方

授乳期(生後3〜4週令)までの子犬は、

生まれて1〜2週令に母乳を、よく飲んで母乳が足りない場合は、

犬用のミルクがあるので、それを与えてみてください。

だいたい母乳を、与える間隔は、2〜3時間毎がいいと思います。

おなかが一杯になるまで与えて下さい。

子犬が、3〜4週令ぐらいになってくるとだいたい1日3〜4回位を、

目安に与えてください。

この頃になると、食器から直接自分で飲める様になってきます。

子犬の離乳期は、5〜7週令の時期になります。

この時期になると母乳と併用して犬用のミルクを1日4回位の目安で、

飲ませてください。

このとき便の状態を気にしながら、成長期用フードを混ぜたミルクがゆを与

えていきます。

だんだん子犬の状態を、みながら少しづつドッグフードの

割合を増やしてみます。

子犬の成長期は、 1年位が目安です。

この時期は、成長期用のフードを使います。

便の具合、食欲、成長の度合いに比例して応増やしていくといいですよ。

そうですね、だいたい4ヶ月位までは、1日3回を、目安ににしましょう。

4ヶ月以降は、2回でもいけると思います。

子犬の 成犬期 は、1〜8年位だといわれています。

成犬用フードを、肥満に気をつけてくださいね。

そのためにも適量与えてください。。

犬の胸に手を当て、肋骨が少し感じる程度が、丁度良い体格といえるでしょう。

食餌は2回がベストで最適です。

子犬の高齢期 は、8年以上いきた犬のことをいいます。

一番の特徴としては、成犬期より高齢期になると、運動量が極端に減ります。

肥満には特に気をつけ、高齢

犬用フードを与えます。

運動量が、すくなくなるので、高齢者用のドッグフードを、使います。

肥満には、気をつけてくださいね。



 
     



<<夏風邪 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 室内犬の飼い方の注意する所>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。