犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬のビタミン欠乏症 > ビタミン欠乏症について

犬のビタミン欠乏症

ビタミン欠乏症について




ビタミンとは、食物の成分の中で、炭水化物、脂質、たんぱく質の他の

有機化合物をいいます。

エネルギー源には、ならないのです。

人間の健康保持するために大変大事な必要不可欠なものになるようですよ。

人間は自分で合成できないので、食物でおぎなわなければならないのです。

人間に必要なビタミンは、13種類です。

ビタミン特有の作用があって、本と微量の摂取で、

健康が維持できるんですよ。

最近偏食やをしたりダイエットしたりして色々なビタミンが、

不足しがちになってます。

ビタミンが不足すると、いろんな障害ができてきます。

進行してきてから初めてあきらかになるようですよ。

また、ビタミンB1が不足していなくても、著しく炭水化物を多く摂取してい

る場合にはバランスがくずれます、

脚気のような症状があらわれるのです。

ビタミンB2、B6、B12は脳からの色々な刺激不足すると、

倦怠感やしびれなど症状がでてきます。

小児期にビタミンB1、A、E、Dなどが不足すると

成長が障害されるのです。

ビタミンE、D2、Cが不足すると脂質が酸化されることによって、

いろんな病気の原因をつくります。

疫学的にビタミンA、C、E、の摂取量が少ないとがんの発生率が高くなります。

ビタミンCは発がん物質の生成を抑制してくれるんですよ。

いろんな食品から健康維持をするために必要になってくるビタミンは

ほんの微量なのですが、バランスよくとることが、もっとも健康維持

するためには、必要条件のようなもんになります。

<<室内犬の飼い方の注意する所 | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の糖尿病>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。