犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣 > 犬の病気 > 犬の糖尿病

犬の病気

犬の糖尿病


血糖値をコントロールするインスリンが不足しておこる病気です。

遺伝的な体質といわれてますが、ほとんどの場合、

過食、肥満が原因になります。

原因の一つに、すい臓が弱くなってくるのがあげられてます。

糖尿病は、肥満や過食で、インスリンを多く使いすぎたためにおこってるんです。

血液中に糖が多くなって、血管や内臓や目などに症状があらわれてきます。

これを、合併症といいます。

糖尿病の治療は、インスリンの注射をします。

病院で決められたインスリンの量を必ず毎日注射します。

この病気も発病すると完治が難しいといわれています。

なってしまうと、とてもやっかいな病気です。

発病がわかりにくいのが難点です。

普段の予防をするように心がけましょう。

糖尿病の症状
1 水を多く飲む
2 すぐ疲れるようになる
3 多食の割に痩せてくる
4 視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの暴飲、暴食。

肥満に注意が必要になります。

犬の生活習慣病と言われていますので、

長期の肥満などを見逃さないように心がけてください。



<<ビタミン欠乏症について | 犬の健康と病気 @ 犬のhealth生活習慣トップへ | 犬の出すサイン>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。