犬の食事

犬の食べてはいけない食事

犬の食べてはいけない食事とは?

@ネギ類 は危険

ねぎ類といえばまず、ネギ、タマネギ、ショウガ、ニンニク、
浮かびますよね。

ねぎ類と呼ばれるほとんどの物と思ったほうが、いいですね。

ねぎ類にはアリルプロピルジスルファイドという恐ろしい物質が含まれているので、下痢や嘔吐のような中毒症状を起こします。

ひどい場合には、血尿なども引き起こす可能性があります。


A生卵の卵白

アビジンという物質は、卵の卵白に含まれる。

この物質は、ビオチン欠乏症になり、それによって、
皮膚炎とか食欲不振、疲労という症状が発症します。

でも、この症状をでないようにする方法は卵白だけあたえるのでなく
黄身といっしょにあたえれば問題ないようです。

栄養価が低くて消化が悪い食材に
貝類・エビ・タコ・イカ・カニなどが、知られていますよね。


B鳥類の裂けた部分の骨

鳥類の裂けた部分の骨は、注意が必要です。

尖った部分が、内臓とか消化器を傷つけることもあります。


Cテオブロミオンというチョコレートに含まれる物質

テオブロミオンというチョコレートに含まれる物質は、
中毒症状を起こします。

そのほかにも、下痢、嘔吐、興奮、動悸、痙攣など起こします。

ココアも同じ物質が、含まれているので、チョコレート同様
十分気をつけてください。










犬の食事

食事の与え方

愛犬に与える一日の食事の量は、しっかり管理しましょう。

愛犬に必要な1日のカロリー量を把握しなければなりません。

肥満防止や健康維持のためにもとても大切なことなのです。

食事の量はきちんと毎日計算しておいたほうがいいでしょう。

おやつを与えたい時は、その与えるおかしのカロリー分を減らすことが大事です。

それから食事を与える場合ですが、

愛犬ほうから欲しいと催促されてから愛犬に食事を与え続けると、

愛犬はいつでも「要求すれば食事が出てくる」と錯覚してしまいます。

食べたくなると“要求吠え”をする場合もでてきます。

愛犬の方から要求さすのでなく、飼い主さんが主導権を握って、

静かにしているときに飼い主さん側から与えるようにしましょう。

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。