犬の病気

犬のがんについて

がんの治療法は、 完全な治療法が実はようです。

外科療法、化学療法、放射線療法などの、いくつかの治療法があります。

その中で選択されます。

また組み合わせをする場合もあります。

その組み合わせで、補い合って治療する「集学的治療」が一般的な治療のやり方のようです。

がんは、発見が早ければ早いほど生存率は高くなります。

犬も場合も、同じようです。

高年齢になるほど、免疫力の低下していきます。

免疫力の低下が、がんを発病しやすくしているみたいです。

犬も人も同じなんですね。

犬の病気

犬の糖尿病


血糖値をコントロールするインスリンが不足しておこる病気です。

遺伝的な体質といわれてますが、ほとんどの場合、

過食、肥満が原因になります。

原因の一つに、すい臓が弱くなってくるのがあげられてます。

糖尿病は、肥満や過食で、インスリンを多く使いすぎたためにおこってるんです。

血液中に糖が多くなって、血管や内臓や目などに症状があらわれてきます。

これを、合併症といいます。

糖尿病の治療は、インスリンの注射をします。

病院で決められたインスリンの量を必ず毎日注射します。

この病気も発病すると完治が難しいといわれています。

なってしまうと、とてもやっかいな病気です。

発病がわかりにくいのが難点です。

普段の予防をするように心がけましょう。

糖尿病の症状
1 水を多く飲む
2 すぐ疲れるようになる
3 多食の割に痩せてくる
4 視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの暴飲、暴食。

肥満に注意が必要になります。

犬の生活習慣病と言われていますので、

長期の肥満などを見逃さないように心がけてください。



犬の病気

犬の病気

159 3月3日生まれのロングコートチワワ メスです159 3月3日生まれのロングコートチワワ メスです
おすすめ度 :
コメント:凄くかわいいでしょ。思わず抱っこしたくなるよね。

3月3日生まれだよ〜ん。お雛さんの日に生まれた女の子です。

チワワ好きの皆さん、私をかわいがってください。

よろしくお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ペットから人間にうつる病気があるのですか?それってどんな病気があるのかな?

イヌやネコなど動物のいる生活は子供たちに命の有難さを教えてくれます。

やさしい思いやりの心を育ててくれます。

老人医療や心理療法においても、動物に接することで、心の健康づくり、アニマルセラピーが注目されてきています。

動物に接する事で心がやすらぎ、血圧が下がるといった身体的効果があるようです。

ペットに接する事でメリットがありますが、ペットに接することで、人にうつる病気があります。

人間と動物にかかる病気ということで「人畜共通感染症」と呼ばれている病気があります。

あまり神経質になる必要はないでしょう。

ペットの主な病気をあげてみます。

☆狂犬病 

イヌに限らず、すべての温血動物に発生します。

狂犬病にかかっている動物にかまれることで人に感染します。

症状がでるのは、平均30〜60日といわれています。

たまに2年という例もあるようです。

初期段階では、頭痛、食欲不振、嘔吐、発熱などの症状がでます。

飲み水を怖がるのが特徴です。

続いてけいれんが始まり、興奮、錯乱などの症状が現れてきます。

発病すると100%近く確立で死亡に至ります。日本では昭和32年以降は発生していないようです。


☆トキソプラズマ病 

トキソプラズマという原虫によって起こる病気です。

感染したねこの排泄物が、人への感染源になります。

感染しても症状が出ない場合もあるので、妊婦が感染した場合には

流産します。胎児にも影響がある。

早めに排泄物をいつも掃除をしていれば、さほど心配はないでしょう。

ネコともに抗体検査を受けるのもいいでしょう。

その結果を見た上で対策されるのもいいかもしれませんね。

☆回虫病 

子イヌに多い寄生虫病です。

排泄物から人に感染し、回虫の幼虫がからだの中を動き回ることによって神経や目などに障害がおきます。

子イヌは2〜3カ月ごとに検便をしてください。

寄生虫が発見されたら早めの駆除がいちばいいいです。

☆サルモネラ病 

サルモネラは食中毒の原因菌です。

特にイヌに多く、排泄物から人に感染していきます。


ペットからうつる病気を防ぐ方法は?

衛生的にすることで、ほとんどの人畜共通感染症は予防できます。

清潔にすることが、感染を防ぐ一番の予防でしょう。

でもあまり神経質にならないでください。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。