犬の飼いかた

室内犬の飼い方の注意する所

犬を。大事にされている飼い主さんすごく増加してるんですよね。

室内犬の飼われている、割合がここ数年で凄く増加していると思うんです。

できるだけ室内で飼われるほうが良いと思うんですね。

トラブルを防止するためにも、そうして欲しいです。

何か知らない間に変な物を食べさされていたり、悪い事をされていたり

最近とくにぶっそうな世の中になったきているので外で飼うのは、

トラブル多すぎです。

昔は、ほとんど室外で飼うのが常識って感じ出したから、

ほとんど、散歩以外はほったらかしの状態が多かったようです。

室内で飼うようになって、ご飯も室内でちゃんと食べさせてもらって、

その後もボールや、いろいろなおもちゃで遊んでもらってます。

っていうか催促するんですよね。犬の方が・・・。

食後の遊びも30分〜一時間ぐらいは、空けて遊んであげてね。

もどすこともあるので、気をつけてください。







犬の飼いかた

犬の育て方

授乳期(生後3〜4週令)までの子犬は、

生まれて1〜2週令に母乳を、よく飲んで母乳が足りない場合は、

犬用のミルクがあるので、それを与えてみてください。

だいたい母乳を、与える間隔は、2〜3時間毎がいいと思います。

おなかが一杯になるまで与えて下さい。

子犬が、3〜4週令ぐらいになってくるとだいたい1日3〜4回位を、

目安に与えてください。

この頃になると、食器から直接自分で飲める様になってきます。

子犬の離乳期は、5〜7週令の時期になります。

この時期になると母乳と併用して犬用のミルクを1日4回位の目安で、

飲ませてください。

このとき便の状態を気にしながら、成長期用フードを混ぜたミルクがゆを与

えていきます。

だんだん子犬の状態を、みながら少しづつドッグフードの

割合を増やしてみます。

子犬の成長期は、 1年位が目安です。

この時期は、成長期用のフードを使います。

便の具合、食欲、成長の度合いに比例して応増やしていくといいですよ。

そうですね、だいたい4ヶ月位までは、1日3回を、目安ににしましょう。

4ヶ月以降は、2回でもいけると思います。

子犬の 成犬期 は、1〜8年位だといわれています。

成犬用フードを、肥満に気をつけてくださいね。

そのためにも適量与えてください。。

犬の胸に手を当て、肋骨が少し感じる程度が、丁度良い体格といえるでしょう。

食餌は2回がベストで最適です。

子犬の高齢期 は、8年以上いきた犬のことをいいます。

一番の特徴としては、成犬期より高齢期になると、運動量が極端に減ります。

肥満には特に気をつけ、高齢

犬用フードを与えます。

運動量が、すくなくなるので、高齢者用のドッグフードを、使います。

肥満には、気をつけてくださいね。



 
     




Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。