動物と人との関係

動物による外傷について

咬まれたり、引っ掻かれた時どうしますか?



最近のペットブームなので、私たちの身の回りには多くの動物を見かけます。

そのため、いくら注意して生活していても、ときには動物の方から傷を受ける場合もあります。

動物の種類も多くなってきていますが、動物の外傷による大半は犬猫による

ものだと思います。

犬猫に咬まれたり引っ掻かれたときの応急処置、その際に感染する可能性のある疾患について説明をしていきます。



【外傷を受けた時の処置について】


(1) 確実に傷口の洗浄。

オキシドールなどをつかったりして、傷口を洗浄しましょう。

異物、壊死組織が残っていると病原微生物に感染する可能性が高くなってきます。

傷口だけでなく傷の周囲に付着したものも取り除くようにする。

消毒薬のひとつとしてオキシドールは一般によく使われます。

消毒効果よりも洗浄効果を期待して使用する。

それはオキシドールが血液、組織、細菌、膿などに含まれる成分(タカラーゼ)により分解されて、酸素を発生させます。

その酸素の発砲によって傷口を洗浄するから洗浄効果が期待できます。

傷口の洗浄が確実にすれば、感染する可能性は少なくなります。

(2) 傷口が土、石でひどい汚れている時は、ポピドンヨード(イソジン液等)で30分位湿布。

もし、傷口に芽胞菌が付着している場合、芽胞菌の数を減少させることが可能です。

芽胞菌とはどういうものか?

細菌の中には、温度・湿度の低下、栄養がなくなる等、発育条件が悪くなると卵の殻のようなものを作って、その中に閉じこもり、条件が改善されるまで休眠状態になるものもあるようです。

この卵の殻のようなものを“芽胞”といいます。

芽胞を作る細菌の仲間を“芽胞菌”と呼びます。


(3) 動物から受けた傷口が深い時や、出血が止まらないときは、

直ちに医師の診察を受けるほうがよいでしょう。

これ以外にも不安を感じるとき(腫れが引かない、傷口が化膿してきた、全身倦怠、下痢、嘔吐など)には、医師の相談を受けるようこころがけてください。

まれに全身の感染症の恐れがあるので、診察や相談はとくに動物病院で受診しなくても、一般の病院で動物による傷と言って受診するといいでしょう。


病院では抗生剤の投与や、傷口の切開や縫合などの処置を受けてください。

感染症への対策(破傷風、狂犬病など)します。



動物に噛まれたらできるだけ感染症にならない為に病院で受診することをおすすめします。


動物と人との関係

砂場遊びとペットの糞尿との関係

保育園や公園などの砂場でのペットの糞尿が問題になっていますよね。

これは、ペットに感染した病源体が、糞尿と共に排泄されます。

砂を介してひと、特に幼児に感染してしまいます。

イヌ・ネコは砂の上で特に好んで排泄したがる傾向があるので、

子供が遊ばないときは砂場をビニールシートで覆うなどして

いろいろな対策をしているようです。

主に問題になるのは、幼虫移行症という回虫・鉤虫によって引き起こされる

病気です。


<回虫>

回虫は幼虫移行症のなかでも内臓移行症という病気になります。

<ヒトへの感染経路>

回虫の卵に汚染された、土・草(野菜も含む)・動物の毛・寝床などから経

口感染します。

回虫のヒトの体内での動きはどのようなものか?

卵→経口摂取→小腸で孵化(ふか)→幼虫

 ヒトの体内では回虫は幼虫までで、成虫にはならない。

 この幼虫が体内を動き回り、からだの組織に住みつきます。

幼虫→腸壁突破→組織・血液・リンパ液 →肝臓→炎症を起こします。

→肺→肺炎・喘息など引き起こす。

→まれに眼球内→失明することもある

→ほとんどは、筋肉に住みつきます。

予防対策について・・・

砂遊びや、動物と遊んだ後は手洗いを十分にすることが重要です。

基本的に、回虫に汚染された土や便を口に入れなければこの病気には感染し

ないということです。

ペットの便を定期的に検査し、回虫を駆除することをおすすめします。

<鉤虫(こうちゅう)>

鉤虫は幼虫移行症のなかの皮膚移行症という病気を起こす原因です。
(日本ではあまり見られないので参考として)

☆ヒトへの感染経路について・・・

鉤虫の幼虫に汚染された、土・植物・水などから、皮膚を通して感染する。

☆鉤虫のヒトの体内での動き

皮膚から体内に侵入して皮下を移動し発疹やアレルギー性疾患を発症させます。

予防対策には回虫と同じように、手洗いの励行と、ペットの定期的な検便することをおすすめします。

<トキソプラズマ症のついて・・・>

妊婦とネコとの関係で話題になる疾患の一つにあげらています。

トキソプラズマに汚染されたネコ科動物の糞便や土壌、砂からあるいは豚、

ウサギなどの哺乳類や鳥類の生肉から感染。

主に、経口感染ですが、まれに傷口や粘膜からも感染するようです。

ほとんどの場合、感染しても症状がみられない。

抗体陰性の妊婦が、妊娠期間中に初めて感染した場合、胎児の流・死産

をおこします。


新生児の神経運動障害になることもあります。


砂場で子供を遊ばせた後は、手洗いを必ずさせるように習慣にしていきましょう。

予防は大切ですよ!










動物と人との関係

ダニとひと・ペットの関連性





ひと・ペットに関係するダニは数種類います。

大きさもいろいろです。

一般的に、ダニはあまり目につかないので気にならないですが、

多くの病気を媒介します。

被害もあるので、注意してください。

ペットと一緒に生活されている人に、特に気を付けてもらいたいのでダニ数

種類の説明をしておきます。




<マダニ>について


都会では、これまであまり見られなかった種類です。

最近アウトドア・レジャーなどで山中や草むらにイヌを連れて行く飼い主が多くなったので、連れて帰ってくることがあります。

マダニに寄生された場合、飼い主は、(マダニの大きさが3o近くもあるた

め)ペットの皮膚にデキモノができたといって動物病院にペットを連れて来

ることがあるようです。

<マダニの防除法>について

マダニの再感染を防ぐためには、ペットを出来る限り草地に入れないように注意してください。

もし連れて行きたい場合には、動物病院で予防薬をもらってからにしてください。


<ツツガムシ>について


ツツガムシはひとにツツガムシ病を伝染します。

ひとのツツガムシ病とは・・・

ツツガムシに刺されてから1週間後に39〜40度の発熱する。

7〜10日続くいてその後、解熱します。

第3病日(発病してから3日目)ごろから全身に小さい赤色の発疹が現れます。
痒みはあまりないようです。

刺された場所は、2〜3日で丘疹(もりあがった湿疹)となり、水疱を生じ、潰瘍になります。

刺されやすい場所は、陰部、乳房、わきのした、へその周囲などです。

疑わしい症状が現れたら、すぐに病院で診察を受けることをおすすめします。


<ヒゼンダニ>について・・・

ヒゼンダニは、あまり聞いたことのない言葉だと思いますが、

疥癬(かいせん)というとピンとくるでしょう。

ひとからひとへ感染するにで要注意です。

他動物、ひとへの感染は接触でおこります。

<ヒゼンダニの防除法>について・・・

ヒゼンダニはペットの皮膚内に深く侵入しているため、他の外部寄生虫に比

べて、高濃度の薬剤の使用が必要になります。

繰り返しの治療が有効です。

最近は、薬剤の塗布と駆虫剤の投与を同時にやっているようです。

ペットの散歩するときは、草むらはなるだけ避けるように

しましょう。大事な家族ですから・・・。







動物と人との関係

ペットの飼育

                          

いまや世の中ペットブームになっています。

イヌやネコ、小鳥だけに収まらず、サルやブタ、ワニ、トカゲ、ヘビなど、

ありとあらゆる動物がかわれるようになりました。

飼育し始めは「かわいい、かわいい」と、すごくかわいがるのですが、

時間がたつにつれてだんだんあきてしまいます。

飽きられた動物が逃げ出して大騒ぎになることもありました。

動物は単にかわいいというだけではしいくできないのです。

イヌ、ネコ、小鳥に限定して、飼育上の問題を取り上げていきたいと思います。


☆怖い人畜共通伝染病について

ほとんどの家庭でこうしたペットが飼われています。

愛玩動物というよりは家族の一員といえるでしょう。

伴侶動物とさえいうことができるでしょう。

ペットの接する機会が増えたことは子供の教育の面からもいい事です。

学校でも動物を飼育しているところが増えています。

しかし、えさの与え方や手入れ、排せつ物の処理がきちんとできていないと

いろいろな問題が起きてきます。

その中で最も注目されているのが人畜共通伝染病です。

人と動物に共通の伝染病です。

動物からうつるだけでなく、人から動物にうつることもあります。

最もよく知られているのは狂犬病です。

毎年春に登録と狂犬病の予防注射が行われています。日本では1957年以

降、狂犬病は発生していません。海外ではまだ発生しています。

輸入犬が増えているので、油断はできないでしょう。

狂犬病はイヌにかまれた場合に起こります。

イヌのフンの中にいる回虫卵がほこりと一緒に口に入って体内で育つのは

犬回虫症といわれます。

感染すると、せきや発熱などの症状がでます。

子供の遊ぶ公園などで、フンなどが落ちています。

子供に犬回虫症が発生する危険があります。

ネコでは、猫ひっかき病が有名になっいます。

特に子猫などにひっかかれると、発熱、リンパ腺の腫れ、傷口の化膿などの症状が現れます。


☆スキンシップはほどほどに・・・

屋外でのフンの始末は、きちんとすべきです。

室内でイヌやネコ、小鳥を飼っている場合には、頻繁に掃除をしましょう。

ダニやカビの原因にもなります。

病気を防には、シャンプーやブラッシングはまめに行いましょう。

人畜共通伝染病を予防するためにはどうするか?

 @えさを口移しで与えない

 Aペットに接したときは必ず手を洗い、うがいをする

 B犬小屋や鳥小屋などは毎日掃除する

 C少しでも気になることがあったら獣医師に相談し、納得するまで話し合いましょう。

という4点に気を付けましょう。

今のところ、登録制度があるのはイヌだけです。

狂犬病予防注射のおかげで、狂犬病は国内で30数年間発生していません。

今後、イヌ以外の動物についても登録制度を設けようという声も少なくありません。

制度がなくても、人とペットの健康のため、定期的にペットの健康診断を行いましょう。

それがペットを飼う人の最低限の責任であって、マナーですよ。




動物と人との関係

ペットが関係している人間の健康障害


ペットと付き合うときの注意点。


ペットを病気にしない。

ペットが人の健康に被害を及ぼさないようにする。

ペットが関係している健康障害。

外傷事故と感染症があげられます。
 
ペットが原因となっておこる人の健康障害。

大型犬などによる外傷事故です。

ペットから人へうつる感染症です。

ペットから人へうつる病気を人畜共通伝染病と呼ばれています。

病原体が動物から人に感染する病気を「人畜共通伝染病」といいます(逆に人から動物へもうつることもある)。

野生の動物だけでなく、家畜からも、家庭で愛玩用に飼われているペットからもうつってしまいます。

ペットによる外傷事故

幼児の確立が高いです。

ペットに咬まれたり、ひっかかれたり、蹴られたりする事故が、

多発してます。

だいたいは、幼児が被害者の対象となります。

からだに大きな傷あとが残してしまいます。

また精神的にもショックをうけてしまい、ペットなど動物との接触に

恐怖感をもってしまいます。

大型犬の場合にも、飼い主は十分に安全性にきをつけ、配慮することが

必要です。

ペットによる感染症


1 犬・猫から人にうつる病気

猫の糞便から感染するトキソプラズマ症

猫の小腸に寄生しているトキソプラズマという微生物が、糞便中に排泄され、人に感染します。

感染するとリンパ節炎や、眼の脈絡・網膜炎などの症状がでます。

成人では症状がでない場合が多いようです。

妊婦が妊娠初期にトキソプラズマに感染し、それが胎児にうつった場合には、流死産をおこしてしまいます。

先天性障害をおこすことがあります。

胎児が感染する確立は、低いことが知られています。

猫は、トイレが室内に設置されています。

人の生活に入り込んでいるので、糞便の処理などには特に注意が必要になります。(赤ちゃんや病人のいる家庭)できれば加熱処理をしましょう。

☆子犬の糞便の虫卵に感染しておこるイヌ回虫症

ほとんどの子犬の小腸には、イヌ回虫が寄生しています。

子犬の糞便で汚染された砂場などで、幼児の手指に虫卵が付着し、感染します。

口から入った虫卵は人体内で幼虫になります。

それ以上発育することはない。

血流にのって全身の臓器へと入りこみます。

幼虫が眼の網膜にたどり着くと、失明の原因になります。

ペットと接触したとき、砂場で土いじりしたあとは、子どもに手洗いをさせる習慣をつけましょう。

〇 イヌ回虫症の予防には、飼い主は、幼犬の駆虫をする。

〇 犬の糞便をきちんと始末するマナーが要求されます。

☆犬や猫の皮膚病がうつることもあります。

犬や猫の皮膚に付着している糸状菌(白癬菌)が人にうつり、しらくも、
はたけなどをおこします。

皮膚に寄生している疥癬虫とかノミ、ダニが人につき、皮膚炎をおこしたりします。


☆犬、猫の皮膚や、環境の清潔に気を配りましょう。

犬、猫、とくに野犬はさまざまな病原体をもっています。

犬や猫、とくに野犬(放浪犬)は、サルモネラなどの食中毒菌や、そのほかいろいろな病原菌(レプトスピラ菌など)をもっています。

犬や猫を変われる場合は、注意をしてください。



次回は、 小鳥などペツト鳥から人にうつる病気についてです。

ご期待ください。

動物と人との関係

ペットと人の健康




ペットを飼っている家庭が、最近特に増える傾向です。その理由に、生活

に余裕がでてきたという事でしょう。

また、子供の数が減り、愛情をそそぐ対象にぺットとを飼うことが必要に

なってきています。

ペットは人の心を、和ませ、弱者に対して思いやりの心を育みます。


また時には、慢性の病気などで気力の弱った患者に、生きる勇気づけをする

こともあります。


しかし、一方、そのペットがなにか感染症にかかると、それが人の病気の

原因となることもあります。

ペットが人の健康を損なう場合もあります。

ペットと人の付き合い方、ペットからうつる病気と注意したいことなどを

考えていきましょう。


ペットの種類について・・・

ある動物をペットにしていくかどうかは、その動物が人に馴れ終生ペット

なって、飼い主の身近にいつくかどうかが、問題点です。

こうした基準で分類すると次のようになってきます。

1 人に馴れて、終生ペットとなり、人家とその周辺にいつくものは、
 
犬、猫、家畜、家きん(ニワトリ、アヒルなど)などがあげられます。

ふつう、ペットとして扱われているのるのがこのグループの動物です。

しかし、家畜や家禽は成長すると、とくに雄動物の場合は性質が荒くなる

のもあります。必ずしもペットとは言えないでしょう。

また、成長した家畜は、愛情の対象としてだけでなく、人と対等に近い

伴侶動物(コンパニオンアニマルとも呼ばれる。例:乗用馬)として、一般のペットとは区別して扱われます。

2 本質的には“野性”であるが、ペットにならない・・・

 アライグマ(ラクーン)は、おとなで体長50cm、体重10kg程度であり、犬や猫と同じようなペットとなりえます。スカンクなども同様です。ただし、これらの野生動物は、小さくかわいらしくても、本質的には、“野性”であることを忘れてはなりません。

3 囲い、あるいはケージの中で飼っている限りペットである・・・

 小鳥類、ウサギ、ハムスター、マウスなどは、ある程度は人に馴れます

が、囲い、あるいはケージ(鳥かご、おり)の中に入れておかないと、逃げてしいます。

小鳥類は、手乗り文鳥のように人によく馴れるものです。

伝書鳩のように自分の鳩舎を覚えるものや、九官鳥、オウム、インコのよう

に人語などを覚えてしまうものもあり、犬や猫とならんで、ペットの代表的

なものの一つになっています。

小鳥のほか、鑑賞魚をペットとして飼育する家庭も多くなってきています。

4 幼獣のときだけ人に馴れ、ペットとなるもの・・・

猿、ライオン、トラ、熊など野生の動物も、幼いときはかわいらしくて、人によく慣れます。

しかし、成長するにしたがって野性があらわれ、とくに性成熟期に達すると、雌動物でも飼育がむずかしくやっかいになってきます。

猿などの場合、よそで成長したものは群れに加われないです。

家庭でもてあましたものは、動物園で引き取っても、そこの群れに加わる事

は難しいです。

これらの野生動物をペットとして家庭で飼うことはなるだけ止めた方が

いいでしょう。

動物園で見るだけにとどめておくと、いいでしょう。

ペットが関係する人の健康にどのような障害があるか?

次の記事に載せます。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。