犬の息の仕方

犬の息の仕方

犬は、気管支の内側が石灰化や分泌物の減少によって、「ゼーゼー」いう息をすることがあります。

これは犬が、高齢になると気管支が細くなるためこのような症状がでる
といわれています。

舌をだしハァハァと息をすることで体温の上昇周防をおさえて
いるようです。

これを、することで犬は体温調整をしています。

温度の高さ低さに対応しきれないとき、よく目につきます。

肥満によって心臓に負担がかかり、少し動くだけでハァハァと息を
している犬は、肥満によるものと思われます。

これは、心臓にかなり負担が、かかっているようです。

人のペースでむりやり歩かすのでなく、愛犬自身のペースにまかせましょう。

無理な運動は、禁物。

犬は暑さが苦手なので

愛犬のペースを考えてあげてくださいね。



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。