犬の攻撃的な行為

犬の攻撃的な行為

の攻撃的な行為とは、例えば

吠えたりとか

噛んだりとか

そのような攻撃的な行動をすることです。

それは、

〇恐怖心によるもの。
(視覚や聴覚の衰えによっておこるもの)

〇運動機能の衰えにより危険を回避できないことへの強迫観念。

などにより攻撃的な行動をするのではと、云われています。

防衛本能によりこの相手が自分にとって見方なのか
または、安全な存在なのか理解できずにおこる恐怖心が
原因だと思われます。

その他に何処か故障をしていて何処かをかばっているような
行為があれば、できるだけ早く獣医さんに
診察してもらってくださいね。

そしてが落ち着かないときは、声をかけてあげることで
が落ち着きを取り戻す場合もあります。

一様治療法としては、再取り込み阻害薬の投与があります。



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。