犬の糖尿病

犬の糖尿病

☆犬の糖尿病とはどういうものか?

すい臓の役割というのは?

インスリンというホルモンの分泌。

糖の吸収、脂肪、たんぱく質の蓄える助けをすることです。


糖は、インスリンが低下すると吸収しにくくなる。

これが、原因でさまざまな病気がおき易くなる。

糖尿病を調べる方法として、てっとり早いのは尿検査です。

その検査の結果、尿がでていれば間違いなく糖尿と
思ってもいいでしょうね。

この糖尿病の原因として、まず運動不足によるもの。

カロリーのとり過ぎている食べ過ぎによるもの。

このような方は、要注意です。

血糖値をコントロールしているのが、インスリンです。

このインスリンが不足してしまうためにおきるといわれています。

あなたの愛犬の両親を、考えて見ましょう。

糖尿病にかかっていなかったか?

どうですか?

遺伝という説も考えられるようです。

その他に、考えれる原因としてやはり過食でしょうね。

過食による肥満が、すい臓が弱らせ糖尿病を引き起こしているということです。

そして、糖尿病になると怖いのが合併症です。

合併症になると、血管や内臓や目などの症状がおきてきます。

このような症状が、何故おきるのか?

インスリンを使いすぎた結果です。

その為に血液中に糖が多くなってしまったのです。

肥満や過食は、怖いですね。


☆糖尿病の治療

インスリンの注射。

☆糖尿病の症状


〇視力がおちる。

〇白内障になる。

〇疲れやすい。

〇いつものように食べているのに痩せてくる。

〇喉が渇いてしょうがない。

適度な運動をして、肥満にならないよう心がけましょうね。

早期発見、早期治療が糖尿病の悪化を防ぐ何よりの治療です。

定期的に検診を受けさせてあげてくださいね。




犬の白内障

犬の白内障

犬の白内障について・・・。


☆犬の白内障は、どのような病気か?

水晶体という目の中になるところが、少しずつ白濁



してくる状態をいいます。

だんだん目が見えにくくなってくるのが特徴です。このような状態になっているにもかかわらず放置しすぎると

どんどん進行していきます。

最後には、目が見えなくなる場合もあるそうです。

最悪の場合ですけどね。

この白内障になったからといって死んでしまう
心配は、ないです。

突然見えなくなるということでは、ないです。

少しずつ進んでいきます。

この白内障は、老犬に多く発症します。

つまり老化現象の一つと考えていいでしょう。


中には遺伝性などの生まれつき白内障になりやす体質もあります。

やっかいなのは、中毒性や糖尿病によるもので、
突発性になることもあります。


☆白内障を予防する方法をあげてみます。


白内障の進行を遅らすには、早期発見、早期治療が一番です。

これは、何の病気にもいえることですけどね。

白内障を簡単に見つける方法として、明るい場所で水晶体
を見て、どのような色をしているか?

白濁していないか?

もし白濁しているようなら白内障の可能性大です。

犬は、人と違ってここが痛いとか見えにくいとか
言ってくれないので、体の異変を、常に観察してくだい。

何か異変が、見つかれば獣医に行かれることをおすすめします。

定期的に検診を受けることも早期発見につながります。


☆注意点☆

・水晶体が、白濁している
・よく壁や柱に体をぶつけるようになった。
・あまり散歩に行きたがらなくなった。
・動作が鈍くなってきた。


☆もしあなたの愛犬が白内障なったときの注意点

〇目が見えにくくなってくるため、ぶつかるという可能性
が、高くなってきます。そのため行動範囲にはあまり物など
を、置かないように気をつけてあげてください。

〇スキンシップがとても大事になってきます。
愛犬が、目が見えにくくなってくると不安感が強く
なってくるので、ちょっとでも安心できるように心
がててあげてください。

〇白内障にかかってしまった時の治療方法

かかってしまったらまずは、できるだけ現状維持を考えましょう。

白内障専用の目薬がありますので、出始めの場合は目薬だけでも
白内障の進行を抑えることも可能です。
ある程度まではね。

とにかく早期治療が、大事です。

定期的な検診を心がけてください。

飼い主のあなたが、毎日変化がないか気をつけてあげてください。

ひどくなってくると手術が必要になってきます。

かなりの額の治療費が必要です。

なので、そうなるまえに早期発見してあげてくださいね。

白内障に一度かかってしまうと、完全に治すことは
困難だそうです。


最後に

ゴールデンレトリバー、シベリアン・ハスキー、パグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、トイ・プードル、アメリカン・コッカー・スパニエル、ラブラドールレトリバー 、マルチーズ、アフガン・ハウンド、
シュナウザー、ビーグル、などは白内障にかかりやすい
といわれています。




犬の寄生虫対策について

犬の寄生虫対策について

ノミにはどんな弊害があるかについて説明していきます。

外部寄生虫の一種で、犬の体に寄生する代表的な寄生虫です。

ノミが引き起こす症状として、かゆみを起こします。

その為に、そのかゆみのある部分を噛んだり、ひっかいたり

するため、皮膚炎などを発症させてしまいます。

アレルギーも起こす場合もあります。

これは、ノミの唾液に含まれる物質が関係しているようです。

脱毛が、背中から腰、尻尾のつけ根にかけて起こし、赤いブツブツ

も広範囲にでてきます。


ノミは、血液を吸うので沢山のノミに侵されると貧血になる場合
もあるので、いつも見てあげてくださいね。

それから、内部寄生虫というやっかいな条虫というのもあります。

これは、多くの病気を媒介するので、油断を許しません。

これは、飼い主も刺されれたいへん激しいかゆみに襲われ

皮膚炎を、起こしてしまいます。

なので、ノミは見つけ次第徹底的に駆除しましょうね。

予防対策も考えておいてください。

ノミがいてなくてもです。

これは、寄生を避けるためにとても重要なことです。


一番現在ネコノミ多と寄生しているといわれちるのは、
ネコノミというものです。

これが、犬に寄生しているのは成虫の間で

卵や幼虫、サナギは犬の体にはついていなくて

犬小屋や犬の生活している周辺に潜んでいるようです。

ということは、犬の生活している周辺を徹底的に駆除することが
効果的です。

「ノミ予備軍」の駆除をすること一番効果的ですよね。

犬の体についた成虫を取り除くことだけが駆除では
ないということです。

ノミは、春から夏が繁殖しやすい季節といわれています。

それは高温多湿の環境が、ノミの繁殖にはかかすことのできない
条件になっているからです。

最近は、冬でも一年中ノミの繁殖が可能になってます。

というのは、エアコンで室内の温度を一定に保っているため

繁殖しやすい環境を与えてしまっているのです。

だから、冬だからといって安心せず油断しないようにしたほうが
いいでしょう。

ノミは、成虫に比べ卵、幼虫、サナギの期間のほうが長いです。

愛犬の体に成虫が見つからなかったとしても犬小屋などの愛犬が
生活している範囲ないで、卵が孵化して、再び寄生しないよう

駆除を徹底的に行うことが重要です。






犬の高齢化判断(サイン)

犬の高齢化判断(サイン)

犬の老年期は、だいたい7歳前後といわれています。

人の年齢でいうと40代や50代くらいが、犬の7歳にあたります。

人間は、これくらいが働きざかりですね。

犬は、中高年になる年齢です。

だいたいこれくらいから、、体の老化は確実に始まっているようです。

そろそろ注意が、必要な年齢ということです。



愛犬が、今までと違ったしぐさまたは違った行動を見せるように
なったら老化、または病気を、心配すべきだと思います。

医師に相談するのもいいかもしれませんね。

医師としたしくなるいい機会になるかも・・・。


☆注意すべ犬の老化の判断の仕方(サイン)とは?

@犬の息の仕方

A犬の皮膚炎

B犬の歯周病

C犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

D犬の失禁

E犬のかみつき

F犬の歩行

G犬の足腰の弱り


H犬の皮膚のたるみ








犬のかみつき

犬のかみつき

体の痛みにより人に抱かれると噛みつくことがあります。

少し触れるだけでも、痛くて噛みつく場合もあります。

大事に一生懸命可愛がってきた愛犬なのになんで・・・。

どうして?

って思いますよね。

少し寂しく感じます。


そういう場合心配なければならないことは、

骨折、怪我または、何かが原因ではれているかしこりがある。

関節に異常は、ないのか?

などいろいろな原因が、あげられます。


その他に噛みつきでは、ないのですが、

名前を呼んでも反応がなかたり、いろいろな命令に
反応しなくなったりしたら

耳が遠くなっている場合も考えられます。

それから、痴呆症の可能性も考えておいたほう
いいかもしれませんね。

犬の足腰の弱り

犬の足腰の弱り

犬の老犬になると、いかにもよっこいしょといわんばかりに、
重たそうに腰をあげるしぐさをするようになってきます。

この場合も筋力の衰えと、太りすぎの場合を考えなければ
なりません。

その他に重たそうに腰をあげるしぐさの理由として
変形脊椎症という関節の病気の疑いも考えておいたほうがいいかも
しれませんね。

だいたい年齢でいうと8歳前後の高齢犬が対象になってきます。

たぶん人が変形脊椎症になるのと同じくらいの痛さが
あるのでしょうね。

じっとしていたい気持ちがわかるような気がします。

でも、このばあいもむりに運動させるのでなく、犬の歩くペース
にあわせてゆっくりゆっくりあるかせてあげてください。

老人が、歩くペースのようにね・・・。








犬の歩行

犬の歩行

犬が机やいすなどにぶつかることがあります。

慣れている家なのに何故?

って思うでしょう。

これは、足腰の弱りが原因で周囲が見えているにもかかわらず
高齢犬になるとぶつかってしまうのです。

犬は、机やいすなどをいつもあった場所から移動し、環境を変えると
今までとは違う環境に対応できずぶつかってしまう。

これは、まだ慣れていないだけということも考えられるようです。

つまり、犬はいつも使うトイレや寝場所などは、あまりかえず
できればいつも同じ場所においてあげるほうが、安心できる
ようです。

そして机やいすなどは、または新しい物を犬が、いつも行動する
エリア内にいきなり置かないように心がけてくださいね。

あと一つ考えられることは、目の病気です。

つまり、白内障など病気です。

この病気になると、視力がいきなり低下します。

ときどき目が濁ってきていないか、見てあげてください。

濁りが、出始めたら獣医さんに相談してみてください。


犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

犬の歯や歯ぐきのトラブルのよる食欲減退

犬も、老犬になると、歯の痛みを感じ、食事がしにくくなり
食欲減退につながります。

という歯や歯ぐきのトラブルをかかえていきます。

歯の真上にある鼻の機能までが、歯の病気が悪化により
嗅覚が衰え食べれなくなります。

違和感、食べ物がかみにくいとか、痛みがある場合は、
犬の口のなかに腫瘍ができている可能性もあります。

一度口にはこんでも落としてしまう。

食事を与えても、拒否する場合注意してください。

こんな場合一度、シニア用のドッグフードや、
やわらかいドッグフードなどためしてみるのもいいかもしれません。

犬の失禁

犬の失禁

犬も高齢になると、失禁してしまうことがたびたびあります。

尿意のコントロールできずに起きる症状です。

腎臓の機能が衰えると、頻尿になります。

これは、犬も人も同じですね。


犬は普通、賢い動物でおしっこは散歩にいかないとあまりしない

もので、

老犬になると散歩の途中に、飼い主が見ていないすきにしている
場合もあります。


ベランダや庭でもしてる場合もあります。

でもマーキングをしている場合もある。

老人のようにおしっこがでにくい時水分をとらせれば、おしっこ
がでやすくなるようです。


犬の皮膚炎

犬の皮膚炎

犬には、毛が生え変わる季節があります。

まず、春から夏。

それから秋から冬。

季節の変わり目が、そうです。

全身の毛が、生え変わろうとするために抜け毛になります。

抜けた毛は、ほっておかずに、こまめにブラッシングを
してあげるといいですね。

あと抜け毛の原因は、ダニやノミの寄生やカビが原因で皮膚炎
を起こしている場合もあります。

また、アトピー性皮膚炎というアレルギーによって起こる
皮膚炎もあります。

あと、ちょっとやっかいなのがホルモン異常や腫瘍が
原因で脱毛が起きている場合です。

この場合は、ほっておかず動物病院の医師に相談してみると
いいです。

あと一つの原因があるのですが、これはストレスからきたものです。

これは、病気が原因で抜けていくのではなくて、
愛犬自身が自分で自分自身の毛を抜いてしまう。

という場合もあります。

犬も人と同様に、白髪が増えたりします。

つまりこれは、色素がなくなってきている状態です。

犬も人も同様に毛が薄く白髪になっていく

これは、自然の成り行きなのでしかたがないのかもしれませんね。

年は、とりたくないもんです。

犬も人と同じなんだなぁって・・・。



<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。