犬の皮膚のたるみ

犬の皮膚のたるみ

犬も年をとると、首の皮膚がたるんできます。

これは、こえているということではなくて、肉球が乾燥して
固まってしまっているのです。

皮が、分厚くなったような感じで、弾力も若いときと比べると
かなり弾力が、なくなっています。

そして、しこりのような脂肪のかたまりが感じられます。

これは、悪性の場合もあります。

またこれとは別にグリグリした固まりが感じたときは、

脂肪腫以外に腫瘍ができている可能性がつよいので早急に

このような症状が感じられた時点で、医師に相談するといいです。

いち早くこのような症状を見つけるには、普段から皮膚の状態
を常に注意をしてチェックをしてあげることが
早期発見につながるのではないかと思います。

こまめに毛をブラッシングしてあげてくださいね。

日頃にお手入れが一番大事ではないでしょうか?





また日頃から、犬の手入れやブラッシングのときに体をさわり、被毛や皮膚の状態をチェックしておくようにしましょう。

犬の歯周病

犬の歯周病

犬の歯に、歯垢や歯石がたまると歯周病という歯の病気に

なってしまいます。

放っておくと歯ぐきや、骨までが侵されてきます。

そうなると歯を支えている大事な骨までが、やせ細ってしまいます。



そうなると歯周病のため、歯がぐらつき危険な状態になります。

この状態をなお放っておくと愛犬の大事な、大切な歯を抜かないと
いけないということになりかねません。

こうなると、引き裂く力が弱くなります。

本来犬の歯の役目は、食べ物を引き裂くということです。

なので、引き裂くことができなくなるとどうなるか?

丸呑み状態で食べなければいけなくなります。

というこは、やわらかい引き裂くことのいらない食べ物を

あたえなければいけないというこです。


日常のケアが、いかに大切かがわかりますよね。





犬の息の仕方

犬の息の仕方

犬は、気管支の内側が石灰化や分泌物の減少によって、「ゼーゼー」いう息をすることがあります。

これは犬が、高齢になると気管支が細くなるためこのような症状がでる
といわれています。

舌をだしハァハァと息をすることで体温の上昇周防をおさえて
いるようです。

これを、することで犬は体温調整をしています。

温度の高さ低さに対応しきれないとき、よく目につきます。

肥満によって心臓に負担がかかり、少し動くだけでハァハァと息を
している犬は、肥満によるものと思われます。

これは、心臓にかなり負担が、かかっているようです。

人のペースでむりやり歩かすのでなく、愛犬自身のペースにまかせましょう。

無理な運動は、禁物。

犬は暑さが苦手なので

愛犬のペースを考えてあげてくださいね。


犬の食事

犬の食べてはいけない食事

犬の食べてはいけない食事とは?

@ネギ類 は危険

ねぎ類といえばまず、ネギ、タマネギ、ショウガ、ニンニク、
浮かびますよね。

ねぎ類と呼ばれるほとんどの物と思ったほうが、いいですね。

ねぎ類にはアリルプロピルジスルファイドという恐ろしい物質が含まれているので、下痢や嘔吐のような中毒症状を起こします。

ひどい場合には、血尿なども引き起こす可能性があります。


A生卵の卵白

アビジンという物質は、卵の卵白に含まれる。

この物質は、ビオチン欠乏症になり、それによって、
皮膚炎とか食欲不振、疲労という症状が発症します。

でも、この症状をでないようにする方法は卵白だけあたえるのでなく
黄身といっしょにあたえれば問題ないようです。

栄養価が低くて消化が悪い食材に
貝類・エビ・タコ・イカ・カニなどが、知られていますよね。


B鳥類の裂けた部分の骨

鳥類の裂けた部分の骨は、注意が必要です。

尖った部分が、内臓とか消化器を傷つけることもあります。


Cテオブロミオンというチョコレートに含まれる物質

テオブロミオンというチョコレートに含まれる物質は、
中毒症状を起こします。

そのほかにも、下痢、嘔吐、興奮、動悸、痙攣など起こします。

ココアも同じ物質が、含まれているので、チョコレート同様
十分気をつけてください。










犬の病気

犬のがんについて

がんの治療法は、 完全な治療法が実はようです。

外科療法、化学療法、放射線療法などの、いくつかの治療法があります。

その中で選択されます。

また組み合わせをする場合もあります。

その組み合わせで、補い合って治療する「集学的治療」が一般的な治療のやり方のようです。

がんは、発見が早ければ早いほど生存率は高くなります。

犬も場合も、同じようです。

高年齢になるほど、免疫力の低下していきます。

免疫力の低下が、がんを発病しやすくしているみたいです。

犬も人も同じなんですね。

犬の食事

食事の与え方

愛犬に与える一日の食事の量は、しっかり管理しましょう。

愛犬に必要な1日のカロリー量を把握しなければなりません。

肥満防止や健康維持のためにもとても大切なことなのです。

食事の量はきちんと毎日計算しておいたほうがいいでしょう。

おやつを与えたい時は、その与えるおかしのカロリー分を減らすことが大事です。

それから食事を与える場合ですが、

愛犬ほうから欲しいと催促されてから愛犬に食事を与え続けると、

愛犬はいつでも「要求すれば食事が出てくる」と錯覚してしまいます。

食べたくなると“要求吠え”をする場合もでてきます。

愛犬の方から要求さすのでなく、飼い主さんが主導権を握って、

静かにしているときに飼い主さん側から与えるようにしましょう。

犬のワクチン

あなたが買うワンチャんは、ワクチン、検便は、済ませてますか?

検便・駆虫

生後25日以降に回虫の駆虫を行いましょう。

生後50〜60日前後での第1回目のワクチン、生後7週齢での検便は、済ませているでしょう。

こいぬを買うときは確認をとりましょう。

第1回目のワクチンが済んでるのでしたら、どんなワクチンの種類を接種

しているのかきっちり調べましょう。

また、ワクチンの証明書をもらっておくのもいいでしょう。

回虫は、一回駆除では中々駆除しにくくすべての腸内寄生虫とか回虫までは

駆除できてません。

月に一度の検便をしておいたほうがいいです。

成長期には、特にしておいたほうがいいです。

食欲不振・下痢・栄養障害などの症状が、回虫がいることで起こって来ます。



犬の老化

犬の老化

老化は、病気ではありません。

ペットの犬がおよそ7才になるとき、老化は始まります。

私がより陽気に忙しい数字から想像力を持つのは難しいかもしれません。

老化は、何ですか?

生命は、永遠ではありません。

運動能力は年齢と共に落ちます、そして、また、

食事の量と消化は静かにゆっくり減少します。

そして、疲労回復は遅れます。

そして、また、睡眠は増加します。

免疫力が体で衰えるのでたとえ私が一般の人生を送るとしても、

老化は進みます。

そして、ライフスタイル関連の病気(例えばガン、糖尿病、差し迫って似合われる肥満症)。


それが年をとっているかどうかに関係なく、

あなたが病気かどうか判断する必要が犬のありさまから出てきます。

それは、しばしば、私が常に側にあることによって速く異常に気づくということです。

平均寿命をはは延びました。

寒い熱さの温度変化の環境は、重要です。

犬のだすサイン

犬の出すサイン

犬が元気がないときにはまず考えられる原因にあげられるのは、

〇ケガ

〇精神的に落ち込む

〇先天性の心臓の病気

〇肝臓の病気

〇慢性腎不全

〇ガン

〇内分泌の病気

〇内部寄生虫

〇食中毒

などが考えられます。

つぎにどのような症状が見られるか?

挙げていきます。

ただ元気がないだけならあまり心配ないと思うのですが、

でもその他に、

〇食欲がない

〇発熱している

〇鼻水が出ている

〇よだれが出ている

〇下痢をする

〇体が震える

〇体に一部をしきりとなめる

〇歩き方がおかしい

〇呼吸が荒い

このような症状が現れているようならば、

原因を考えて見ましょう。

原因がわからない場合は、獣医さんににてもらったほうがいいです。

犬が元気がないということは、何かのサインだと思ってください。

病気や怪我はしていないか調べてあげてください。

サインをみおとさないでね。

犬の病気

犬の糖尿病


血糖値をコントロールするインスリンが不足しておこる病気です。

遺伝的な体質といわれてますが、ほとんどの場合、

過食、肥満が原因になります。

原因の一つに、すい臓が弱くなってくるのがあげられてます。

糖尿病は、肥満や過食で、インスリンを多く使いすぎたためにおこってるんです。

血液中に糖が多くなって、血管や内臓や目などに症状があらわれてきます。

これを、合併症といいます。

糖尿病の治療は、インスリンの注射をします。

病院で決められたインスリンの量を必ず毎日注射します。

この病気も発病すると完治が難しいといわれています。

なってしまうと、とてもやっかいな病気です。

発病がわかりにくいのが難点です。

普段の予防をするように心がけましょう。

糖尿病の症状
1 水を多く飲む
2 すぐ疲れるようになる
3 多食の割に痩せてくる
4 視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの暴飲、暴食。

肥満に注意が必要になります。

犬の生活習慣病と言われていますので、

長期の肥満などを見逃さないように心がけてください。



<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。