犬のビタミン欠乏症

ビタミン欠乏症について




ビタミンとは、食物の成分の中で、炭水化物、脂質、たんぱく質の他の

有機化合物をいいます。

エネルギー源には、ならないのです。

人間の健康保持するために大変大事な必要不可欠なものになるようですよ。

人間は自分で合成できないので、食物でおぎなわなければならないのです。

人間に必要なビタミンは、13種類です。

ビタミン特有の作用があって、本と微量の摂取で、

健康が維持できるんですよ。

最近偏食やをしたりダイエットしたりして色々なビタミンが、

不足しがちになってます。

ビタミンが不足すると、いろんな障害ができてきます。

進行してきてから初めてあきらかになるようですよ。

また、ビタミンB1が不足していなくても、著しく炭水化物を多く摂取してい

る場合にはバランスがくずれます、

脚気のような症状があらわれるのです。

ビタミンB2、B6、B12は脳からの色々な刺激不足すると、

倦怠感やしびれなど症状がでてきます。

小児期にビタミンB1、A、E、Dなどが不足すると

成長が障害されるのです。

ビタミンE、D2、Cが不足すると脂質が酸化されることによって、

いろんな病気の原因をつくります。

疫学的にビタミンA、C、E、の摂取量が少ないとがんの発生率が高くなります。

ビタミンCは発がん物質の生成を抑制してくれるんですよ。

いろんな食品から健康維持をするために必要になってくるビタミンは

ほんの微量なのですが、バランスよくとることが、もっとも健康維持

するためには、必要条件のようなもんになります。

犬の飼いかた

室内犬の飼い方の注意する所

犬を。大事にされている飼い主さんすごく増加してるんですよね。

室内犬の飼われている、割合がここ数年で凄く増加していると思うんです。

できるだけ室内で飼われるほうが良いと思うんですね。

トラブルを防止するためにも、そうして欲しいです。

何か知らない間に変な物を食べさされていたり、悪い事をされていたり

最近とくにぶっそうな世の中になったきているので外で飼うのは、

トラブル多すぎです。

昔は、ほとんど室外で飼うのが常識って感じ出したから、

ほとんど、散歩以外はほったらかしの状態が多かったようです。

室内で飼うようになって、ご飯も室内でちゃんと食べさせてもらって、

その後もボールや、いろいろなおもちゃで遊んでもらってます。

っていうか催促するんですよね。犬の方が・・・。

食後の遊びも30分〜一時間ぐらいは、空けて遊んであげてね。

もどすこともあるので、気をつけてください。







犬の飼いかた

犬の育て方

授乳期(生後3〜4週令)までの子犬は、

生まれて1〜2週令に母乳を、よく飲んで母乳が足りない場合は、

犬用のミルクがあるので、それを与えてみてください。

だいたい母乳を、与える間隔は、2〜3時間毎がいいと思います。

おなかが一杯になるまで与えて下さい。

子犬が、3〜4週令ぐらいになってくるとだいたい1日3〜4回位を、

目安に与えてください。

この頃になると、食器から直接自分で飲める様になってきます。

子犬の離乳期は、5〜7週令の時期になります。

この時期になると母乳と併用して犬用のミルクを1日4回位の目安で、

飲ませてください。

このとき便の状態を気にしながら、成長期用フードを混ぜたミルクがゆを与

えていきます。

だんだん子犬の状態を、みながら少しづつドッグフードの

割合を増やしてみます。

子犬の成長期は、 1年位が目安です。

この時期は、成長期用のフードを使います。

便の具合、食欲、成長の度合いに比例して応増やしていくといいですよ。

そうですね、だいたい4ヶ月位までは、1日3回を、目安ににしましょう。

4ヶ月以降は、2回でもいけると思います。

子犬の 成犬期 は、1〜8年位だといわれています。

成犬用フードを、肥満に気をつけてくださいね。

そのためにも適量与えてください。。

犬の胸に手を当て、肋骨が少し感じる程度が、丁度良い体格といえるでしょう。

食餌は2回がベストで最適です。

子犬の高齢期 は、8年以上いきた犬のことをいいます。

一番の特徴としては、成犬期より高齢期になると、運動量が極端に減ります。

肥満には特に気をつけ、高齢

犬用フードを与えます。

運動量が、すくなくなるので、高齢者用のドッグフードを、使います。

肥満には、気をつけてくださいね。



 
     



その他

夏風邪

夏風邪 とは?
 

夏風邪とは一般的に夏の季節に発症する風邪のような症状の病気です。

咽頭(のど)を中心に発症します。

冬の風邪もいろいろな原因があります。

夏風邪の原因は、エンテロウイルスやアデノウイルスなどのウイルスが原因にあげられます。

赤ちゃんまたは、老人などにかかりやすいです。

もともと抵抗力が弱い人がかかりやすいといわれています。

若い元気な人でも、いわゆる夏バテなど体力が落ちると夏風邪にかかりやすい状態になります

クーラーにかかりすぎなども間接原因になります。

寝冷えもその一つです。

症状などは、風邪の症状に似ている(発熱、咳、鼻水、のどの痛み)。

下痢などもおこします。

胃腸症状にもきをつけてください。

今年夏は発熱はわずか(37度台)で、のどの痛みは必発で、頭痛もあるようです。

また全身倦怠感あります。

つまり、だるくて頭がぼーっとし、それにのどの痛みがあれば、ほぼ夏風邪に間違いないと思います。

2,3日の安静にしていれば、治るが、こじらせると大変な事に、

なります。

高熱が出たり、肺炎や髄膜炎といった合併症を起こす事もあるので

重症化することに注意が必要になってきます。

予防としては うがい と 手洗い は必ずしていきましょう。

最低限の予防ですのでまもってください。

あなたにとってとにかく規則正しい生活(早寝早起き、バランスのよい食事)をすることが何より重要です。

いちどひくと、長引きますので、気をつけましょう。

 

犬のしつけ

子犬のトイレのしつけ

最近室内で愛犬といっしょに生活をされている方がとても

多いです。

そんな方の悩みがトイレのしつけ苦労していませんか?

トイレのしつけは、その子のあったペースで慌てないでじっくり

付き合ってあげてください。

生後2,3ヶ月でもう家の子トイレがうまくできないって

心配されてイラつかれている飼い主さんがいられるようです。

子犬の2,3ヶ月というのは、人間の子供にたとえると2,3歳のまだ子供

って思ってください。

まだまだできないからといっていらつかないでください。

できなくて、あたりまえなんだって

思っていいのです。

もっと自分自身にゆとりをもって愛犬に接するようにすると

愛犬のほうも快く学習できるのでは?

とにかく何をするにもあせらずその子のペースで練習してみてはいかがでしょうか?

いままでは、失敗すると叩いたり、犬の鼻をすりつけてというつまり体罰を

与えていたようです。

このやり方を続けると人間が怖くなり、臆病になって

しまいには、攻撃的になってしまう。

場合もあります。

その他

たばこが健康を侵す急性症状



 

たばこの煙中に含まれている種々の有害物質のうち、生埋的に影響を及ぼす

主な物質はニコチンと気相に含まれている一酸化炭素ですね。

ニコチンによって中枢神経系が興奮し、



心拍数が増加して、血圧上昇、末梢血管の収縮、

心臓・血管系への急性影響がみられています。

一酸化炭素は赤血球のヘモグロビンと結びついて、

血液の酸素運搬能を低下させます。

いつも吸っている喫煙者ではニコチンにより、

精神神経機能の促進と抑制という急性効果をもたらしています。

あなたの喫煙による急性影響は、

喫煙者ならどれか一つは経験してるでしょうね。

呼吸器系では、咳・痰などの呼吸器症状、呼吸機能障害(息切れなど)

循環器系では、血圧上昇、心拍数増加、末梢血管収縮・循環障害(手足・足先の

しびれ感、冷感、肩こり、首のこり、まぶたの腫れなどの症状)

消化器系では、食欲低下、口臭、その他の消化器症状

中枢神経・感覚器系:知的活動能低下、睡眠(就眠)障害

全身症状では、健康水準の低下、体重減少 などがありますよね。

動物と人との関係

動物による外傷について

咬まれたり、引っ掻かれた時どうしますか?



最近のペットブームなので、私たちの身の回りには多くの動物を見かけます。

そのため、いくら注意して生活していても、ときには動物の方から傷を受ける場合もあります。

動物の種類も多くなってきていますが、動物の外傷による大半は犬猫による

ものだと思います。

犬猫に咬まれたり引っ掻かれたときの応急処置、その際に感染する可能性のある疾患について説明をしていきます。



【外傷を受けた時の処置について】


(1) 確実に傷口の洗浄。

オキシドールなどをつかったりして、傷口を洗浄しましょう。

異物、壊死組織が残っていると病原微生物に感染する可能性が高くなってきます。

傷口だけでなく傷の周囲に付着したものも取り除くようにする。

消毒薬のひとつとしてオキシドールは一般によく使われます。

消毒効果よりも洗浄効果を期待して使用する。

それはオキシドールが血液、組織、細菌、膿などに含まれる成分(タカラーゼ)により分解されて、酸素を発生させます。

その酸素の発砲によって傷口を洗浄するから洗浄効果が期待できます。

傷口の洗浄が確実にすれば、感染する可能性は少なくなります。

(2) 傷口が土、石でひどい汚れている時は、ポピドンヨード(イソジン液等)で30分位湿布。

もし、傷口に芽胞菌が付着している場合、芽胞菌の数を減少させることが可能です。

芽胞菌とはどういうものか?

細菌の中には、温度・湿度の低下、栄養がなくなる等、発育条件が悪くなると卵の殻のようなものを作って、その中に閉じこもり、条件が改善されるまで休眠状態になるものもあるようです。

この卵の殻のようなものを“芽胞”といいます。

芽胞を作る細菌の仲間を“芽胞菌”と呼びます。


(3) 動物から受けた傷口が深い時や、出血が止まらないときは、

直ちに医師の診察を受けるほうがよいでしょう。

これ以外にも不安を感じるとき(腫れが引かない、傷口が化膿してきた、全身倦怠、下痢、嘔吐など)には、医師の相談を受けるようこころがけてください。

まれに全身の感染症の恐れがあるので、診察や相談はとくに動物病院で受診しなくても、一般の病院で動物による傷と言って受診するといいでしょう。


病院では抗生剤の投与や、傷口の切開や縫合などの処置を受けてください。

感染症への対策(破傷風、狂犬病など)します。



動物に噛まれたらできるだけ感染症にならない為に病院で受診することをおすすめします。


動物と人との関係

砂場遊びとペットの糞尿との関係

保育園や公園などの砂場でのペットの糞尿が問題になっていますよね。

これは、ペットに感染した病源体が、糞尿と共に排泄されます。

砂を介してひと、特に幼児に感染してしまいます。

イヌ・ネコは砂の上で特に好んで排泄したがる傾向があるので、

子供が遊ばないときは砂場をビニールシートで覆うなどして

いろいろな対策をしているようです。

主に問題になるのは、幼虫移行症という回虫・鉤虫によって引き起こされる

病気です。


<回虫>

回虫は幼虫移行症のなかでも内臓移行症という病気になります。

<ヒトへの感染経路>

回虫の卵に汚染された、土・草(野菜も含む)・動物の毛・寝床などから経

口感染します。

回虫のヒトの体内での動きはどのようなものか?

卵→経口摂取→小腸で孵化(ふか)→幼虫

 ヒトの体内では回虫は幼虫までで、成虫にはならない。

 この幼虫が体内を動き回り、からだの組織に住みつきます。

幼虫→腸壁突破→組織・血液・リンパ液 →肝臓→炎症を起こします。

→肺→肺炎・喘息など引き起こす。

→まれに眼球内→失明することもある

→ほとんどは、筋肉に住みつきます。

予防対策について・・・

砂遊びや、動物と遊んだ後は手洗いを十分にすることが重要です。

基本的に、回虫に汚染された土や便を口に入れなければこの病気には感染し

ないということです。

ペットの便を定期的に検査し、回虫を駆除することをおすすめします。

<鉤虫(こうちゅう)>

鉤虫は幼虫移行症のなかの皮膚移行症という病気を起こす原因です。
(日本ではあまり見られないので参考として)

☆ヒトへの感染経路について・・・

鉤虫の幼虫に汚染された、土・植物・水などから、皮膚を通して感染する。

☆鉤虫のヒトの体内での動き

皮膚から体内に侵入して皮下を移動し発疹やアレルギー性疾患を発症させます。

予防対策には回虫と同じように、手洗いの励行と、ペットの定期的な検便することをおすすめします。

<トキソプラズマ症のついて・・・>

妊婦とネコとの関係で話題になる疾患の一つにあげらています。

トキソプラズマに汚染されたネコ科動物の糞便や土壌、砂からあるいは豚、

ウサギなどの哺乳類や鳥類の生肉から感染。

主に、経口感染ですが、まれに傷口や粘膜からも感染するようです。

ほとんどの場合、感染しても症状がみられない。

抗体陰性の妊婦が、妊娠期間中に初めて感染した場合、胎児の流・死産

をおこします。


新生児の神経運動障害になることもあります。


砂場で子供を遊ばせた後は、手洗いを必ずさせるように習慣にしていきましょう。

予防は大切ですよ!










動物と人との関係

ダニとひと・ペットの関連性





ひと・ペットに関係するダニは数種類います。

大きさもいろいろです。

一般的に、ダニはあまり目につかないので気にならないですが、

多くの病気を媒介します。

被害もあるので、注意してください。

ペットと一緒に生活されている人に、特に気を付けてもらいたいのでダニ数

種類の説明をしておきます。




<マダニ>について


都会では、これまであまり見られなかった種類です。

最近アウトドア・レジャーなどで山中や草むらにイヌを連れて行く飼い主が多くなったので、連れて帰ってくることがあります。

マダニに寄生された場合、飼い主は、(マダニの大きさが3o近くもあるた

め)ペットの皮膚にデキモノができたといって動物病院にペットを連れて来

ることがあるようです。

<マダニの防除法>について

マダニの再感染を防ぐためには、ペットを出来る限り草地に入れないように注意してください。

もし連れて行きたい場合には、動物病院で予防薬をもらってからにしてください。


<ツツガムシ>について


ツツガムシはひとにツツガムシ病を伝染します。

ひとのツツガムシ病とは・・・

ツツガムシに刺されてから1週間後に39〜40度の発熱する。

7〜10日続くいてその後、解熱します。

第3病日(発病してから3日目)ごろから全身に小さい赤色の発疹が現れます。
痒みはあまりないようです。

刺された場所は、2〜3日で丘疹(もりあがった湿疹)となり、水疱を生じ、潰瘍になります。

刺されやすい場所は、陰部、乳房、わきのした、へその周囲などです。

疑わしい症状が現れたら、すぐに病院で診察を受けることをおすすめします。


<ヒゼンダニ>について・・・

ヒゼンダニは、あまり聞いたことのない言葉だと思いますが、

疥癬(かいせん)というとピンとくるでしょう。

ひとからひとへ感染するにで要注意です。

他動物、ひとへの感染は接触でおこります。

<ヒゼンダニの防除法>について・・・

ヒゼンダニはペットの皮膚内に深く侵入しているため、他の外部寄生虫に比

べて、高濃度の薬剤の使用が必要になります。

繰り返しの治療が有効です。

最近は、薬剤の塗布と駆虫剤の投与を同時にやっているようです。

ペットの散歩するときは、草むらはなるだけ避けるように

しましょう。大事な家族ですから・・・。







犬の病気

犬の病気

159 3月3日生まれのロングコートチワワ メスです159 3月3日生まれのロングコートチワワ メスです
おすすめ度 :
コメント:凄くかわいいでしょ。思わず抱っこしたくなるよね。

3月3日生まれだよ〜ん。お雛さんの日に生まれた女の子です。

チワワ好きの皆さん、私をかわいがってください。

よろしくお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ペットから人間にうつる病気があるのですか?それってどんな病気があるのかな?

イヌやネコなど動物のいる生活は子供たちに命の有難さを教えてくれます。

やさしい思いやりの心を育ててくれます。

老人医療や心理療法においても、動物に接することで、心の健康づくり、アニマルセラピーが注目されてきています。

動物に接する事で心がやすらぎ、血圧が下がるといった身体的効果があるようです。

ペットに接する事でメリットがありますが、ペットに接することで、人にうつる病気があります。

人間と動物にかかる病気ということで「人畜共通感染症」と呼ばれている病気があります。

あまり神経質になる必要はないでしょう。

ペットの主な病気をあげてみます。

☆狂犬病 

イヌに限らず、すべての温血動物に発生します。

狂犬病にかかっている動物にかまれることで人に感染します。

症状がでるのは、平均30〜60日といわれています。

たまに2年という例もあるようです。

初期段階では、頭痛、食欲不振、嘔吐、発熱などの症状がでます。

飲み水を怖がるのが特徴です。

続いてけいれんが始まり、興奮、錯乱などの症状が現れてきます。

発病すると100%近く確立で死亡に至ります。日本では昭和32年以降は発生していないようです。


☆トキソプラズマ病 

トキソプラズマという原虫によって起こる病気です。

感染したねこの排泄物が、人への感染源になります。

感染しても症状が出ない場合もあるので、妊婦が感染した場合には

流産します。胎児にも影響がある。

早めに排泄物をいつも掃除をしていれば、さほど心配はないでしょう。

ネコともに抗体検査を受けるのもいいでしょう。

その結果を見た上で対策されるのもいいかもしれませんね。

☆回虫病 

子イヌに多い寄生虫病です。

排泄物から人に感染し、回虫の幼虫がからだの中を動き回ることによって神経や目などに障害がおきます。

子イヌは2〜3カ月ごとに検便をしてください。

寄生虫が発見されたら早めの駆除がいちばいいいです。

☆サルモネラ病 

サルモネラは食中毒の原因菌です。

特にイヌに多く、排泄物から人に感染していきます。


ペットからうつる病気を防ぐ方法は?

衛生的にすることで、ほとんどの人畜共通感染症は予防できます。

清潔にすることが、感染を防ぐ一番の予防でしょう。

でもあまり神経質にならないでください。

<<前の10件  .. 2 3 4 5 6  次の10件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。